きまぐれな日々

共同通信が配信し、地方紙各紙に掲載されている辺見庸の「水の透視画法」というコラムは、ネットでは公開されていないようだが、最新のコラム「ニセの諸相 アカシアと民主党」(2010年3月下旬頃掲載。掲載日は新聞により異なる)で辺見は民主党政権を批判している。

辺見はまず、普天間基地の問題で、民主党が2008年に改定した「沖縄ビジョン」で、「地位協定の抜本的な見直し」や「普天問基地返還アクション・プログラムの策定」を掲げながら、それを実現させようとしないことを批判し、それに続いて、高校の授業料無償化について朝鮮学校は当面その対象外とするという最近の方針を、「北朝鮮当局のありようと在日コリアンの教育をどうやら意図的に混同しており、初歩的合理性にも最低限の道義にも欠ける」と厳しく批判している。辺見は、「大金持ちのトッブがかかげた『友愛』がいかに安っぽいフェイクであるかの証明になりかねない」と書いているのだが、私見ではこれは辺見庸にしては遠慮を感じさせる文章であって、「証明になっている」と言い切って良いのではないかと思う。

高校無償化からの朝鮮学校除外の件は、当ブログでも3月1日付で触れたのを皮切りに、3月12日付3月15日付で連続して取り上げた。この件の言い出しっぺは、何度も書くように中井洽国家公安委員長(拉致問題担当相)であるが、軽く退けるべきだった中井の主張に、鳩山由紀夫首相が理解を示してしまい、結局朝鮮学校は無償化の対象除外とされて、国連の人種差別撤廃委員会が今月16日(日本時間17日)に公表した、日本の人権状況についての見解をまとめた報告書の中で、「懸念」を表明される事態を引き起こした(下記URLの朝日新聞記事を参照)。
http://www.asahi.com/international/update/0317/TKY201003170003.html

この件について、私は中井洽は大臣更迭に相当すると考えているが、マスコミは中井の更迭を求める論調はとらず、世論からも中井を批判する声が大きく盛り上がることはなく、これに私は失望した。

ところが、その中井洽にスキャンダルが持ち上がった。中井が、家族や事務所関係者ではない女性に、議員宿舎のカードキーを貸与している可能性があり、女性が一人で自由に宿舎に出入りしていると、25日発売の『週刊新潮』が報じたのだ(下記URLの産経新聞記事参照)。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100324/crm1003241951016-n1.htm

中井は、『週刊新潮』の記事の内容が明らかになった24日、記者団に「何も問題ない。規則なんかない。カードキーを4枚もらい、(女性に)1枚渡しただけ。飲み食いは全部、自分の金だし、わたしは独身だ」と弁明した(下記URLの産経新聞記事参照)。つまり中井は、家族や事務所関係者ではない女性に、議員宿舎のカードキーを貸与しているという『週刊新潮』の報道内容を認めたのだ。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100325/crm1003250811002-n1.htm

実にルーズな男であり、こんな人間に国家公安委員長が務まるはずがない。これで、中井更迭の口実、もとい理由がまた一つ生じたわけだが、このスキャンダルには、高校無償化から朝鮮学校を除外した件には全く触れようとしなかった、小沢信者のブロガーも反応した。昨年、自民党の鴻池祥肇元官房副長官(参院議員)が、「合鍵を人妻に渡して夜な夜な招き入れていた」ことが発覚し、官房副長官辞任に追い込まれたのだが(表現はスポーツ報知記事による)、自民党の鴻池を厳しく追及したのに、中井はウヤムヤにして良いはずがないというのである。正論だ(笑)。何より問題なのは、『スポーツ報知』も指摘する、国家公安委員長としての危機管理の甘さだ。私は北朝鮮が韓国で行われるスポーツ大会などによく「美女軍団」を送り込んでいたことを思い出した。

だが、民主党が野党だった頃に幹事長として鴻池官房副長官の辞任を求めた鳩山首相は、中井を見苦しく庇っており、ネットでは野党時代と対応が違うとして笑いものになっている。小沢信者ブロガーの教祖的存在である植草一秀も、朝鮮学校の無償化対象除外の件に続いて、今回のスキャンダルも無視する構えだ。植草のブログが中井洽に言及したことは過去一度しかなく、それは今年2月3日付エントリだが、そこで植草はなんと、副島隆彦(通称ソエジー)が中井洽を絶賛した気持ち悪い文章を引用しているのである。こんな植草を教祖に持ち上げていたのが、日本の「ブログ左翼」だったかと思うと情けなくなる。植草一秀もまた、「安っぽいフェイク」というべき存在だ。しかし今や、植草の信者たちも教祖の意向に背いて中井洽を批判するようになった。

私は何も、中井洽が30歳以上も年下の女性とつき合っていることを責めるつもりは毛頭ない。しかし、国家公安委員長が家族や事務所関係者ではない女性に、議員宿舎のカードキーを貸していたことは、危機管理上大問題だ。高校無償化の朝鮮学校対象除外の件は、拉致問題などをめぐって相当数の日本国民の北朝鮮に対する悪感情を中井洽が悪用したものだったために、中井批判の世論が盛り上がらなかったのだろうが、今回の件は世論の反発を招き、30%すれすれに落ち込んでいた鳩山内閣支持率をさらに下げ、20%台に突入することは間違いないだろう。

鳩山首相が下すべき判断は、中井洽国家公安委員長の更迭以外にはない。


↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

ちょっと前に日記でKojitakenさんは、生方幸夫より中井洽の方がずっとひどいとというような記事を書いてらしたですね。
実は私、生方氏の選挙区千葉6区の住民で過去2回の総選挙で氏に一票を投じたものです。氏が定期的に開催する市民フォーラムにも一度だけですが参加し直接話したこともあります。
今回の氏の行動を特に支持する気はありません。また、メディアへの過ぎた露出も実際に会ったときの朴訥で落ち着いた雰囲気からするとどうしちゃったのという感じですが、「信者系」の人たちが投げつけている「自民のスパイ」よばわりはあまりにひどすぎます。生方氏というより氏に一票を投じた私のプライドのために少し書かせてもらいます。

高校無償化からの朝鮮学校除外について、民主党内ではっきりと反対を表明しているひとりが生方氏です。今月初め国会内で開かれた高校無償化法案の超党派勉強会で氏が朝鮮学校除外を「教育と拉致の問題は全く関係ない」と強く批判していたという記事を新聞で読んだとき、「このことだけでも一票を投じてよかった」と思ったものです。
小さな記事だったし、WEBでも見当たらないのですが、以下のサイトなどに氏の名前がでてきます。

「高校無償化」 朝鮮学校関係者 文科省大臣などに請願書
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2010/03/1003j0303-00005.htm

新たな差別生む「朝鮮学校除外」
http://www.jcp.or.jp/akahata/

もともと、民主党内護憲派グループ「リベラルの会」の立ち上げ人のひとりであり、過去にもイラクからの自衛隊撤退を求めるアピールやイラク人質救出のアピール、教育基本法改悪反対などにかかわってきた人です。だからこそ決して民主党支持者でない私も投票したのです。

とは言っても同議員の政策をすべて支持するわけでもありません。氏が最近強く主張している地方主権の確立にしてもナショナルミニマムの崩壊を招きかねないとの懸念を持ってるし、「リベラルの会」の主張も私の護憲感覚ではちょっと違和感を感じるところもあるんですね。
それでも、よく耳にする「私の住むところの候補者は自民も民主も似たり寄ったりのウヨ候補で入れる人がいない」ではない選挙区の住民であってよかったと思っています。

それにしても、この高校無償化からの朝鮮学校除外に対する「リベラル左派」のブロガーの反応の鈍さには唖然としてしまいます。産経を除けば彼らの言う「マスゴミ」も概ね批判的な論陣をはっているというのに、このスルーぶりは、要するに自ら「マスゴミ以下」を証明したようなものでしょう。
この件は単なる差別問題というだけでなく、歴史観も含む極めて大きな意味を持つことで、このような事を平気で言い出す政府・政治家を私は絶対に支持することができません。折しも今年は日韓併合から100年にあたるというのに。

>しかし今や、植草の信者たちも教祖の意向に背いて中井洽を批判するようになった。

残念ながらいますよ。中井擁護の「信者系」ブログ。
http://blog.goo.ne.jp/yamame1235/e/8cfbf6251346571a06b1fe6dde422e22
読む価値ないです。うんざりするような内容です。

2010.03.27 15:22 URL | ぽむ #mQop/nM. [ 編集 ]

脱税総理が法を犯していない中井を更迭するというのはどだい無理な話です。仮に更迭した場合、任命責任が問われますし、更なる支持率低下も避けられません。総理自身が犯罪を起こした以上、犯罪を起こしていない大臣を更迭することは筋が通りません。そう考えると鳩山総理とはとうの昔に人事権を失っていたといえるかもしれません

2010.03.27 19:38 URL | かー #- [ 編集 ]

菅家さんが晴れて無罪を勝ち取りました。良かったという思いとともに、全面可視化に道が開けないことに苛立ちを覚えずにはいられません。

独身の中井洽について言えば、どのような女性と付き合おうが、どうでもいいことです。問題は可視化に反対し、朝鮮学校の高校無償化からの除外を推し進めたことに尽きます。許しがたいのはそのことです。警察に弱みを握られていたから、「可視化に反対したと取られても仕方がない」というようなことを大谷昭宏が言っていたが、これについては、同意するところです。

なお、菅家さんは無罪を勝ち得ましたが、まだ、冤罪事件がいくつかあります。その1つが東金事件です。マスコミと警察・検察がぐるになっての冤罪事件ではないかと思っています。とにかくひどい冤罪事件だと思います。

2010.03.27 20:01 URL | 負け組みの矜持 #- [ 編集 ]

わたしにはどうでも良いようなことだと思いますが、そんなに悪いことなんでしょうか?
よく知らないのですが、議員宿舎ってただのアパートじゃなかったんですか?

今の私にとって、政治家の是非を判断する基準は、積極財政か消極財政かです。
もちろん積極財政が前で、消極財政が悪。

岩手では、増田寛也が残していった時限爆弾がついに爆発しまして、県内のほとんど全部の主要建設業者が談合認定されまして、1年間公共事業から排除されます。
岩手県内の公共事業は今後他県の業者によって食い散らかされることになります。

県内業者も馬鹿ではないので手続き的にいろいろ抵抗してここまで頑張りましたが、ついに力尽きてしまいました。

うちの実家も排除されます。
跡をついでいたら、私もたいへんなことになっていました。

これから、間違いなく倒産と失業の連鎖が起きます。自殺者も増えます。

兎に角、金と仕事が欲しい。
それも今すぐ。

今は、仕事を注文して金をバラまくのが良いことで、その反対が悪。
政治はこれで判断しましょう・・・と呼びかけたい。

2010.03.27 23:43 URL | そにく #GCA3nAmE [ 編集 ]

ぽむさんご紹介の「読む価値ない」記事ですが、不幸にしてコメントをいただく前に読んでしまって、『kojitakenの日記』で取り上げました。
http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20100327/1269652061

コメント欄などを見ていると、中井洽を擁護している人も結構いますね。

なお、今回『週刊新潮』が書き立てたスキャンダルは、たいした話ではないとのコメントもいただいていますが、管理人としては、「たいした話」であるところの、高校無償化から朝鮮学校を対象外にする件や、取り調べの全面可視化にブレーキをかけている件に対する世論の批判が弱いので、やけくそでスキャンダルに便乗しようとしたエントリであるわけです。ただ、こういう不純な動機で書いた記事は、やはり読者に書き手の意図を簡単に見透かされるようで、反応はあまりいただいていません。それはもちろん自業自得ではあるのですが、以前のエントリで取り上げた朝鮮学校の件や取り調べの全面可視化の件が、易々と中井の思い通りになるのであれば、いったい何のための政権交代だったのかということになりますね。

2010.03.28 12:41 URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集 ]

ブログ主さん、何の為の政権交代であったという嘆きよくわかりますが、それでも政権交代してよかったのです。
と言うか、政権交代は日本の民主化の第一歩だと思っています。
私の友人がネットのチャット(50台から60台の社会人が中心)で話をしていたときに、政治の話題になり、それまでとは雰囲気が打って変わり小沢非難一色になったのだそうです。
そして「金に汚い奴は日本では認められない」の大合唱(苦笑)だったそうです。
いくら理路整然と反論してもお話にもならないお子ちゃまレベルで、これでもまともな社会人なのかと驚かされたとか。
日頃政治について語らない日本人は、いざ語るとこの程度のレベルが殆どでしょうね。
彼らは結局、今の日本の政治や社会体制の仕組みだとかを変えるという概念自体が、思考の中に存在していないのです。
与えられた今の仕組みの中で、いかに自分だけはうまく泳いでいけるかにのみ関心があるのですね。
だから外国人から見たら、なんと身勝手で、自分の社会に無関心な連中だと思われることでしょう。
でもこれが実態です。
だからこそ彼らには、自らの選択する意思で日本を変えられるのだという実感が大切なのです。
政権交代に小沢幹事長がこだわり、それに危機感をもった体制派が彼をつぶしに掛かるのは当たり前で、その手段として一番簡単なわかりやすい金権批判を使用したのも、小泉の郵政民営化と共にとてもわかりやすい構図です。
まだ日本の民主主義への変革の道は始まったばかりです。
これから紆余曲折を経ながらも薦めていかなくてはならないのだと思います。
でないと日本は世界の中で生き残ることは出来ないでしょう。
いまこの民主連立政権を見限ることは、日本の未来を諦めることだと思います。
まだはじまったばかりです。
これから肝心なのは民主連立政権が体制に取り込まれないように監視することです。
その点このブログなどはとても存在意義のあるブログと思っています。

2010.03.28 16:34 URL | 風太 #seTEoywg [ 編集 ]

 そんなに金に汚い奴が嫌なら、共産党に入れればいい事だと思います。
 民主党政権が、自民党の政策を踏襲するばかりなら、支持を引きあげるべきだと私も思います。それこそ、共産党に入れればいいことです。

2010.03.28 18:04 URL | puyonyan #- [ 編集 ]

亀井・原口の郵政改革案への閣内のゴタゴタはひどいですね。ここでも、鳩山のいい加減さ、後ろ暗さが最悪の形で出ています。

亀井だけでなく、原口や社民党も手続きに瑕疵はないと言っているし、小沢が何も言わないのだから、おそらく、少なくとも民主党内では根回しの済んでいる話なのでしょう。
一方で官営金融業を復活させようとしているのだから、舛添や小池百合子から仲間扱いされる仙石が頑強に反対するのはよくわかります。

しかし、菅直人が「聞いてない」と執拗に反発しているのが解せませんね。
確かに自分が了解できていなかったのかもしれませんが、案の方向に大筋として同意しているのなら、あそこまで恥をさらして反発するだろうか。彼が次期首相というのも、これで非常に危うく思うようになりました。

そして、鳩山もこんな政治の重大事、ピンチに旅館なぞに泊まっているというのもひどいし、去年の代表選で原口や小沢に味方してもらったにもかかわらず、隠れた本心からか優柔不断で人のよい性格からなのかわかりませんが、郵政民営化一派に片足を載せていることがよくわかります。これで仙石や前原、枝野を目立つ職につけ、政権・党内混乱に拍車を掛けているのを許している状況も納得できます。

2010.03.28 23:01 URL | cube #- [ 編集 ]

風太さんが仰るように政権交代はムダではないです。
しかしです。
それは確かに第一歩ですが、今のままでは二歩目には進めません。

>だからこそ彼らには、自らの選択する意思で日本を変えられるのだという実感が大切なのです。

確かにその通りですが、結構そこが落とし穴であったりもするのです。
「今の日本の政治や社会体制の仕組みだとかを変えるという概念自体を体現する」
前に、
政権交代自体がゴールとなってしまい、そこで満足してしまう有権者が多いのです。
かといって、
「民主党政権が亀の歩みでよくなっていくのを待ちましょう」なんて、今日日体力のない多くの人間には不可能です。
そうなる可能性も現状では薄ですし。

現行の2大政党制の元では、どちらも批判されるべき問題が、どっちがましかという論理にシフトされ、論点がボカされすり変わる。
つまり極めてハードルの低い「よりまし論」が展開されるわけです。まさに現在のように。
それこそ低レベルの政治談議ではないでしょうか。
民主政権、すでにかなり取り込まれてますよね・・・。
今のままでは第二歩目はない。手詰まりです。なんせ第三極が「コイズミ新党」だそうな・・・オイオイ。

仕組みをかえるべき。
次の一歩は、小選挙区制度のチェンジだと思います。

2010.03.29 00:34 URL | siroto #VLAQTC0A [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://caprice.blog63.fc2.com/tb.php/1057-ae5a3b81