FC2ブログ

きまぐれな日々

当ブログ管理人は、今日からゴールデンウィークの休暇なのだが、憲法記念日はなんといっても特別な祝日なので、ひとこと書いてから休暇に入りたいと思う。

1年前のエントリを読み返しながら思い出すと、昨年の憲法記念日は改憲への道をひた走る安倍晋三内閣の支持率が持ち直す中、「日本国憲法の改正手続きに関する法律」(通称・国民投票法)が衆院で可決され、参院での可決を目前に控えていた。

しかし、安倍の性急な改憲志向への警戒感からか、各社の世論調査では、ひところずいぶん減っていた、憲法改定を「必要ない」とする意見が「必要だ」とする意見を再び上回るようになってきた。しかも、国民の主な関心事は憲法改定よりも年金や社会保障問題にあり、それを軽んじる安倍は国民の支持を失って、5月に「消えた年金」問題が表面化するや支持率が急落した。松岡元農水相の自殺も追い打ちをかけた。安倍自民党は7月の参院選に惨敗し、安倍は9月に退陣に追い込まれた。改憲の鍵を握るのは民主党の議員だが、参院選では改憲に否定的な議員が多く当選し、改憲の機運は去ったかに見えた。

しかし油断は禁物である。先日、民主党の小沢一郎代表と05年の「郵政総選挙」の際に郵政民営化法案に反対して自民党を離党した平沼赳夫が会談したことが報じられた。これは、看過できない動きだ。

もともと平沼赳夫は、「極右新党」を立ち上げて、自民党と連立する構想を持っていた。昨年10月27日付の当ブログ記事 "極右新党を立ち上げ、自民党との連立をたくらむ平沼赳夫"(下記URL)に書いた通りである。
http://http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-484.html

このエントリで、「サンデー毎日」に掲載された平沼赳夫インタビューを紹介したが、ひとことでいうと、平沼は自民党と民主党の極右議員を集めて新党を作り、キャスティングボートを握ろうとしているのだ。

平沼は「日本会議」という日本最大の右翼団体に連なる「日本会議国会議員懇談会」の会長を務めている。前記リンク先をご覧いただければおわかりのように、副幹事長に安倍晋三、会員に福田康夫の前職および現職総理大臣を抱え、民主党よりはるかに自民党と親和性が高い団体である。憲法改定やサッチャー流の教育カイカクに異様なまでの執念を燃やしていることはいうまでもない。

ついでに書くと、前述の昨年10月27日付エントリでも書いたように、平沼という人物は、「アインシュタインの予言」 なるトンデモを信じているおめでたい男だ。「水からの伝言」 も、こんなに悪名が高くなっていなければ、平沼の大好きな道徳教育の格好の教材になるとばかりに飛びついたかもしれない(笑)。

私は、民主党はこんな平沼のごとき筋の悪い政治家が率いる一派と連携などしてはならないと以前から主張し続けているのだが、民主党は平沼の選挙区である岡山3区に候補を立てるのを見送る方針を決めるなど、好ましくない動きをしている。平沼は改憲志向だし、民主党内にも改憲論者は多数いるので、平沼らの動きは改憲の機運を再び盛り上げようとするものであることはいうまでもない。何しろ平沼は安倍晋三に近い人物であり、民主党と安倍晋三が手を組むなどということになったら、悪夢以外のなにものでもない。

もっとも、現実にはそんな動きになるはずはない。この記事はまだ3日付の各紙記事を読む前に書いているので、新聞報道がどうなっているかはわからないが、従来憲法問題というと第9条のことばかり議論されてきたが、今年は生存権及び国の社会的使命を規定した第25条がクローズアップされるものと思う。国民も、医療制度や年金の問題への関心が特に高く、これらの問題が選挙の争点になった昨年の参院選や先日の衆院山口2区の補選では、自民党は惨敗した。そもそも、コイズミ?安倍と続いた政権が推進した新自由主義政策は、憲法第25条の精神に反するものだったから、選挙結果はその必然の論理的帰結だ。

平沼らのもくろむイデオロギー政治は、国民からは関心を持たれておらず、平沼らの主張を取り入れることは、直ちに民心の離反を招く結果となる。損得勘定からいっても、平沼一派との連携は百害あって一利なしなのである。

平沼は、「アインシュタインの予言」を信じるような純真無垢な人のようだから、本人は大真面目なのだろうが、残念ながらピントが外れており、国を良くする政治家では断じてない。民主党は平沼一派との連携を模索することなど止めて、岡山3区には強力な対立候補を擁立することを検討してもらいたい。

[追記]
以上の記事を書き上げたあと朝日新聞を開くと、1面トップが「憲法9条改正 反対66%」(賛成は23%)という記事で、9条改定反対派は、昨年の49%からさらに大幅に増えた。また、社説では予想通り貧困の問題を取り上げて憲法25条について論じていた。また、毎日新聞は生存権とともに表現の自由をクローズアップした社説を掲載した。


#この記事は、「トラックバックピープル・自民党」 および 「トラックバックピープル・安倍晋三」 にトラックバックしています。ここにTBされている他の自民党および安倍晋三関係の記事も、どうかご覧下さい。

↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

スポンサーサイト