fc2ブログ

きまぐれな日々

大阪府知事選について書くのは気が重いが、まずは 「kojitakenの日記」 に書いた私の予想(下記URL)が大外れに終わったことを認めておかなければならない。
http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20071223/1198363813

ポピュリズムを甘く見て煮え湯を飲まされた、というと、3年前の「郵政総選挙」が忘れられないが、24日のエントリでも触れたように、野党第一党である民主党がそもそも風任せ、というかポピュリズム的傾向の強い政党であって、2003年の衆院選と2004年の参院選では無党派層の支持を得て自民党の議席に肉薄(2003年衆院選)ないしは上回った(2004年参院選)。コイズミマジックにやられた郵政総選挙のことや、安倍晋三が「空気」を読めずに四面楚歌となって自民党が惨敗した昨年の参院選のことは、何度も書いてきたからくどくどと繰り返しはしない。ただ、自民党大勝、民主党惨敗に終わった「郵政総選挙」だけではなく、その逆の結果に終わった昨年の参院選からも、民主党のポピュリズム体質は全然改まっていないことがはっきりした。

この選挙結果に対して、書くべき言葉が出てこないので、当ブログや「kojitakenの日記」へのコメント、それに橋下に反対の声をあげたブログの記事を紹介することにしたい。

当ブログには、sonicさんから、
大阪が死にましたね。
というコメントをいただいた。大阪というと「判官びいき」の街というイメージだったが、それも今は昔だ。
「kojitakenの日記」のエントリ 「投票終了と同時に橋下徹当確の報道」 には、3件のコメントをいただいた。
nagonagu 2008/01/27 21:00 恐るべしポピュリズム。これを超えていくには、どうしたらいいんでしょうね。超えなければならないことだけはわかっているんだが。
どうしたらいいのか。私も「kojitakenの日記」の該当エントリを書きながら自問自答していたのだが、答えが出てこなかった。一つだけ指摘したいのは、現在、「リベラル・平和系」とされるブログの間には、ポピュリズムを克服するどころか増幅する傾向が見られることだ。そのことは、nagonaguさん(宮城康博さん)にも議論にかかわっていただいた擬似科学および陰謀論に関するブログ間の論争の件から強く感じた。
nakedmikan 2008/01/27 21:45 本当に残念ですが橋下に当確が出てしまいました。
郵政選挙の空しさよりはマシな気がしますが、もっとも人の上に立ってはいけないと思う種類の人間が首長になってしまったのは本当に悔しいです。
このブログを含めて橋下を落選させたいと思っていた人たちのやっていた方向は、よりまともな社会を目指すこととしては間違いが無いものだと思いますが、今回は私も含め不十分だったと思います。
この橋下の再選を阻むのは勿論ですが、当面は次の衆議院選挙に向けて自ENDを願うものもブロガーとしても、いったいどのような動きをするべきか再考の余地があるように思います。
今回は、気づいたときにはもうどうしようもない流れができていた感じで、郵政総選挙の時(当時はブログを開設していなかったが)をいやでも思い起こさせる展開になった。昨年の東京都知事選の時は、強大な敵に挑む感覚だったが、「郵政総選挙」や今回の選挙は、「まさか」という思いだ。やはり、「ポピュリズム」という元凶を元から断たなければダメなのだと思う。
kechack 2008/01/28 02:30  結局は有権者のレベルはこんなものです。昨日までガソリン国会で民主党をポピュリズムと批判した自公がポピュリズムを以って勝利したのはなんとも皮肉です。
 小沢一郎なんかは、有権者のレベルを案外把握しているから、ガソリン値下げ隊みたいな猿芝居を敢えてやったりするんですよね。政治意識の高い人はああいうの批判しますが、実態は案外プラスだったりするんですよ。
 自民党はこの成功体験を活かしたいところですが、ムリでしょう。衆議院の候補者はもう満杯で、無党派層の人気を喚起できそうなタレント候補を擁立する余地はありません。それが出きるのは、前回落選者を大量に出し、空白区を残している民主党の方です。
kechackさんは、ブログ「Munchener Brucke」でより突っ込んだ分析をされている。
「大阪府知事選でも自民党反転が難しい二つの理由」
http://d.hatena.ne.jp/kechack/20080127/p1
大阪府在住のブロガーの切実な声も紹介したい。
「反戦な家づくり」 より 「やけ酒でも飲むしかないか・・・」
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-491.html

「晴天とら日和」 より 「(橋下当選・ケッ!):大阪で生まれた女やさかい、・・・・」
http://blog.livedoor.jp/hanatora53bann/archives/51149879.html
とらちゃんの橋下落選キャンペーンを盛り立てた 「カナダde日本語」 をはじめ、多くのブログによる橋下落選運動は実らなかった。再三書くように、ポピュリズムとの闘いが大きなテーマとして残った形だ。ブログからの発信力を増すためには、いかにこれを克服するか、今後公開するエントリを通して答えを出していくしかない。


#この記事は、「トラックバックピープル・自民党」 にトラックバックしています。ここにTBされている他の自民党関係の記事も、どうかご覧下さい。

↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

スポンサーサイト