fc2ブログ

きまぐれな日々

コイズミが国民を煽動した一昨年の「郵政総選挙」の前後で人生が変わった人は多いだろう。政治ブログの多くはこの選挙の直後に立ち上がったし、それより半年ほど遅れた当ブログも、あの選挙がなければ立ち上がることはなかった。

あの選挙戦の期間ほど、政治のことが人々の口に上ったことはなかったと思う。みな熱病に浮かされたように「郵政民営化は必要だ」と叫んでいた。

あの時、政治は娯楽と化した。その流れは今日に至るまで続き、田原総一朗が司会を務めるテレビ朝日の「サンデー・プロジェクト」の視聴率は、いまや巨人戦の視聴率より高い。

政治ブログを運営するブロガーの中にも、「政治ブログは敷居が高い」などと言う人がいるが、私には信じられない。俗悪な政治番組よりもさらに噛み砕いて政治の話題を解説したって何の意味があるのだろうかと思う。マスコミは与党寄りだ、などというのかもしれないが、現在のマスコミが自民党に甘く民主党に厳しいわけでは決してない。マスコミは政府を批判しながらも新自由主義政策の宣伝だけは怠りないとはいえるけれども。

ところで、今日の記事は政治番組ではなく、政治番組に視聴率で抜かれた巨人戦中継の話である。巨人戦の年間平均視聴率は、今年も昨年に続いて10%を割ったらしい(関東地方)。今年は、強力な裏番組が存在するなどの理由で視聴率の見込めない試合の中継数がずいぶん減らされたのに、平均視聴率はほとんど回復しなかった。

巨人戦というコンテンツが視聴者から見放されてきたのは明らかだ。これを、生活が苦しくなってきた国民がプロ野球への関心を失ったと見る人たちがいる。しかし、それは必ずしも正しくない。たとえば、今年53年ぶりの日本一になった中日ドラゴンズの親会社系のスポーツ紙「中日スポーツ」は、ドラゴンズ戦の東海地方における視聴率が2年連続で上昇したことを誇らしげに報じている。
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/200710/CK2007100502053967.html

また、映画・放送・音楽の業界情報を伝えるという「文化通信.com」によると、ホークス(福岡)、ファイターズ(北海道)などの地域に密着した球団の野球中継は、「地方局の人気ソフトとして定着。「地元球団戦はスポンサーもすぐ付く」(地方局幹部)というように営業的にも優良コンテンツになっている」という(下記URL参照)。
http://www.bunkatsushin.com/modules/bulletin/article.php?storyid=11364

ところが、同じ記事は次のような指摘もしている。

かつての巨人戦に代わって地元球団のナイター中継が毎晩のように盛況かと思われた。ところが、地方局の意欲とは裏腹にさほど中継が増えていないのだ。

○キー局の巨人戦削減で、地元球団中継も削減に

 地方局が地元球団の試合を中継する場合、基本的にキー局が関東で巨人戦を放送している時間帯で行われる。しかし、日本テレビが今季巨人主催試合(全72試合)の中継を40試合に削減したのをはじめ、キー局の巨人戦中継が縮小されたため、地方局は思うように中継出来なくなってしまったのだ。加えて、多くの地方局が、系列キー局との兼ね合い、全国ネットセールスの影響等で、「巨人戦を中継せざるを得ない」という。
 名古屋地区では、3?4月の対巨人を除く中日戦で23試合のうち、わずか9試合しか中継されなかった。ちなみに、その平均視聴率は16・9%の高視聴率となっている。
 かつて「巨人王国」とまで言われた北海道・札幌地区での巨人戦ナイター4月平均は8・5%という結果だ。
 地方局は、地元球団戦ならもっと数字がとれるとの思いがあるだけに、ジレンマを抱えている。

(「文化通信.com」 2007年6月11日付記事より)

つまり、地方局は放送したくもない巨人戦を東京キー局に押しつけられ、迷惑を蒙っているというワケだ。人気が低下しているのは巨人戦であって、プロ野球全体ではない。いや、前記「中日スポーツ」の記事によると、熱狂的なことで知られる関西の阪神戦の視聴率も低下傾向にあるらしいのだが、巨人と阪神以外の地域に密着した球団は、決してテレビ中継の視聴率が下がってなどいないのである。

要するに、見捨てられたのは「プロ野球」ではなく「読売巨人軍」なのだ。巨人の球団経営は、「新自由主義的」の一語に尽きる。金の力にあかして四番打者とエース投手と抑えの切り札をかき集める。それが、ナベツネ(渡邉恒雄)や長嶋茂雄らが目指した巨人の野球だ。そして、新自由主義がワーキングプアや格差拡大の元凶であることが知れ渡ってきた現在、新自由主義色の強い巨人の野球から大衆の心が離れて行ったのである。

私は、阪神や中日の球団経営も新自由主義的だと考えている。現に阪神は巨人やメジャーと福留(元中日)らの争奪戦を展開した。しかし、阪神は争奪戦にことごとく敗れた。また、中日も、日本プロ野球においては、巨人・阪神に次いで新自由主義的な球団だが、金の力では巨人や阪神に勝てないので、チームづくりをそれをカバーしている。中でも荒木・井端の二遊間は、中日ファンでなくても感嘆の声をあげるほかない。阪神の人気低下は巨人ほどではなく、中日戦の視聴率は巨人戦・阪神戦とは逆に上昇しているのも、そこらへんと関係がありそうだ。見放されてきているのはプロ野球全体ではなく、新自由主義的な球団経営やチームづくりをしている巨人や阪神だけなのである。特に阪神の新自由主義的球団経営は、このチームがもともと持っていた魅力を著しく損ねるので、経営陣は方針を改めてほしいと思う。一方、巨人は「江川事件」以来のイメージ通りの球団経営だ。

それにしても、かかる不愉快な巨人戦の中継が視聴者のニーズもない地域に押しつけられ、地域の人たちが本当は見たい地元球団の試合の中継が見られないのは理不尽な話である。


#この記事は、「トラックバックピープル・自民党」 にトラックバックしています。ここにTBされている他の自民党関係の記事も、どうかご覧下さい。

↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

スポンサーサイト