FC2ブログ

きまぐれな日々

守屋武昌・前防衛事務次官の逮捕は、当ブログ管理人が住む県で起きた祖母・姉妹失踪事件の遺体発見と重なった。後者の事件についてのテレビ報道については、私はワイドショーを見ないのでよく知らないのだが、ネットでもテレビ報道に引きずられた騒ぎが起きているようだ。だが、この事件については私は書くだけのものを持っていない。

防衛疑獄についても、例の自民・民主大連立協議が持ち上がって、その間「週刊ポスト」や「サンデー毎日」を買い込んでいながら、大連立協議にショックを受けてしまって、防衛疑獄に関する雑誌記事をろくにブログで紹介できないどころか、私自身雑誌が描く疑獄の構図も十分頭に入っていないていたらくだ。無責任なようだが、ここは東京地検特捜部と雑誌記者の奮闘に期待したいと思う。前にも書いたと思うが、テレビはもちろん、新聞も翼賛メディアと化しつつある現在にあっては、かつて馬鹿にされがちだった雑誌ジャーナリズム、特に週刊誌の奮闘に目を向ける必要が生じてきている。もちろん当ブログとしても今後気を取り直して雑誌記事をふたたび適宜紹介していきたい。

ところでその週刊誌の一つ、「週刊ポスト」の12月7日号が手元にあるのだが、これに小沢一郎の「120分インタビュー」が掲載されている。ここで小沢は、大連立協議が頓挫した時の謝罪について、次のように述べている。

 陳謝したのは、混乱を招いたことに対してであり、僕の政治判断は別に変わっていない。公約を実現する最大のチャンスだと思った。虎穴に入らずんば虎子を得ず、だ。

(中略)

 日本の場合は、ほぼ同じ権限を持った二院制なんです。だから、そのねじれを解消するには、選挙をやる以外にないんですね。それで、国民がどっちを選ぶか。そうでなければ、連立しかないんです。

(「週刊ポスト」 2007年12月7日号掲載 小沢一郎独占120分 「額賀が辞めれば福田は終わる」より)

この小沢一郎のインタビューからは、小沢は大連立に応じようとした政治判断は今でも間違っていないと考えており、自民党が解散総選挙をやらない場合は、連立を組むしかないと言っているようにしか読めず、私には小沢の意図が理解できない。

皆さまよくご存知の通り、小沢一郎を礼賛していた森田実が、大連立構想後全面的な小沢批判に転じて話題になっている。私は、安倍晋三という史上最悪の総理大臣を倒すために、参院選では「戦略的投票」として、「選挙区では自民党候補を落とし、比例区では好きな政党を」という投票パターンを呼びかけた人間だ。つまり、結果的に民主党を支援した形だが、これは何も選挙後に「大連立」なんかを民主党にやってもらうためではない。安倍政権が進めていた戦争志向のネオコン(新保守主義)政策と、国民を不幸にするネオリベ(新自由主義)政策を改め、国民のためになる政治を民主党を中心とした野党に実現してもらうために「戦略的投票行動」を呼びかけたのである。

森田氏は、地方を回って主に地方の保守層の声を聞いている人だと思う。私は、必ずしも保守ではないけれども地方在住の人間で、地方の保守層の感覚は都市部に住むリベラルの方よりは肌で感じていると思っている。だから、森田氏の小沢一郎に対する怒りはもっともだと思えるのである。森田氏が「小沢はしかたのないやつだ」などと言って矛を収めるわけにはいかないのは当然のことで、森田氏にしてみれば、あの大連立協議によって森田氏の著作やネットでの主張などがすべて否定され、顔をつぶされたという感覚なのだと思う。

その森田氏が、(最近民主党支持に転じた)地方の保守の人たちは、皆大連立などとんでもないと言っているのに、民主党の議員には大連立容認論者が増えているというようなことをよく書かれているが、これは非常に気になる話だ。

民主党は、決して民意を見誤ってはならない。再び民主党が「大連立」に走ろうとするなら、国民の多くは政治に絶望し、日本の社会はひどく荒廃してしまうだろう。今、日本の政治は瀬戸際に立っているという危機感を持ってほしい。


#この記事は、「トラックバックピープル・自民党」 および 「トラックバックピープル・安倍晋三」 にトラックバックしています。ここにTBされている他の自民党および安倍晋三関係の記事も、どうかご覧下さい。

↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

スポンサーサイト