FC2ブログ

きまぐれな日々

国民投票法案が衆議院本会議で可決され、衆院を通過したが、ここに至る与党のごり押しは、昨年12月の改正教育基本法成立のいきさつからも十分予想されたことだ。
報じられているように、国民投票は早くて4年後の2011年である。今後護憲派には、以前のように護憲の世論が多数派になるような戦略が求められると思う。

国民投票、早くて4年後=有効投票の過半数で改憲
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070413-00000119-jij-pol

 国民投票法案が今国会で成立しても、施行は「公布から3年後」と定められている。さらに憲法改正案の審議や周知などに1年程度かかるため、国民投票の実施は2011年の秋以降となる。
 国民投票法案のうち国会法にかかわる部分は先行して施行され、秋に予定される臨時国会から衆参両院に憲法審査会が常設される。ただ、国民投票法施行までは改憲案の審議や提出は禁じられており、この間は改憲に関する調査を行う。
 改憲原案は衆院なら100人以上、参院なら50人以上の賛成者を集めて国会提出する。憲法審査会で過半数、本会議で3分の2以上の賛成が衆参両院で得られれば、国会が改憲を発議する。

(時事通信 2007年4月13日 17時2分)


さしあたっては、きたる参議院選挙では、何が何でも安倍晋三率いる自民党を惨敗に追い込むことが必要だろう。

さて、今週は何といっても、「覚悟はしていたけれど」の石原慎太郎圧勝がショックだった。

当ブログは、対立候補の浅野史郎氏を応援していたが、この立場からの視点としては、またまた当ブログの記事にリンクを張ってくれている 『たんぽぽぽのなみだ?運営日誌』 の記事がよくまとめられているので、下記に紹介する。

東京都知事選(2)
http://taraxacum.seesaa.net/article/38488877.html

(前略)

敗因はいろいろと分析されていますし、いくつもあると思いますが、
わたしが考えるいちばんの原因は、東京はそれだけ石原慎太郎が、
支持されているところなのだ、ということでしょう。

(中略)

ようするに、はじめから、だれが出ても勝てなかったのだと思います。
石原慎太郎は、公費濫用などが批判され続けて、就任以来、
最低の支持率になっていましたが、それでも50%以上ありました。
それに追い討ちをかけるように、いわゆる識者たちは、
石原の批判をせず、だまりこんでいる始末です。

こうした状況ですから、出馬だけでも、かなりの覚悟が必要でしょう。
実際、強すぎる石原の前に、みんな二の足を踏んでしまい、
民主党は、独自候補を立てられずじまいでした。
このままでは、かたちだけの選挙になりそうでしたし、
不選敗だけでも避けられればいいと、一時期わたしは思ってましたよ。

そんな中で、浅野さんが手をあげたおかげで、一筋の希望が現われたのでした。
これ以降、批判的扱われかたが目立ったとはいえ、
メディアも注目して、くりかえし公開討論会を開くなどしたのでした。
選挙らしい選挙になっただけでも、前回から比べたら大躍進でしょう。
イシハラに、2度の「泣き寝入り」だけは、避けられたのだと思います。

きびしい状況にあって、あえて出馬してくださった、浅野史郎さんの、
勇気と大健闘ぶりに、あらためて敬意を表したいと思います。

『たんぽぽのなみだ?運営日誌』 2007年4月12日より)


たんぽぽさんは、「だまりこんでいる」の部分で、さりげなく当ブログにリンクを張ってくれている。

さて、東京都に限らず、知事選では「有権者が変化を求めなかった」と評された。これについて、「週刊ポスト」 4月20日号で、私の大嫌いな田原総一朗が、興味深い指摘をしている。

田原は、1月の宮崎県知事選では東国原英夫氏が圧勝したのに、東京都知事選では浅野氏が石原に歯が立たなかった理由として、近年の景気回復(といっても東京、名古屋などに限られた話なのだが)によって、都民がホッと一息ついて、変化を求めなかったからだろうとしている。そのうえで、東国原氏の勝利については、『県民は、彼には大きな変化を起こす "危険" がなく、強烈なリーダーシップもないと判断したのだと考える。「東国原」としてではなく、「そのまんま東」として支持されているのだ』とし、浅野氏については、『浅野氏がいくら変化を起こそうと訴えても、都民はピンとこない。むしろ変化を危険視するような風潮さえ出てきていると思う』と指摘した。

これは、田原にしては鋭い指摘だと思う。そういう「風潮」を生み出したのは田原自身らではないか、とも思うが、東京都知事選の報道やネット言論に接していてずっと感じたのは、都民は石原(やコイズミ)が見させてくれた夢から醒めたくないのだろうな、ということだ。東京だけ景気を回復させ、地方との格差を拡大「してくれた」コイズミや石原が生み出す幻想を、東北訛りの改革者に壊されてたまるか、といった感じの、実に排他的なムードがそこにはあったのだ。

田原によると、石原と会っても、以前のように論争を仕掛けてくるような態度は見せないという。そして田原は、『五輪招致のような強い政策が打ち出せない空気の中で、知事という立場に石原氏が飽きてしまう』ことを懸念しているそうだ。

今後4年の任期を全うできるかもわからない男を三選させてしまった東京都民の「民度」の低さには、あきれるしかない。


↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

スポンサーサイト