FC2ブログ

きまぐれな日々

エープリルフールにちなんでというわけでもないが、嘘つきの話をしたい。といっても、四月馬鹿で許されるようなたわいもないウソではなく、詐欺行為が疑われる輩の話だ。

「安倍晋三TBP」にトラックバックされた記事を眺めていたら、ブログ 「かりゆし」 の記事 『街頭募金は怪しさいっぱい』 が目に留まった。

北朝鮮に拉致された被害者を救援するという名目で、募金詐欺を行っていると疑われる団体のことを取り上げた記事だ。

この記事から、2003年7月19日の日本テレビ「報道特捜プロジェクト」の記事にリンクが張られている。
http://www.ntv.co.jp/tokuso/main/20030719

番組は、「北朝鮮拉致問題解決国民会議」という団体の募金詐欺疑惑を追及している。

私は、ここには書けないある理由によって、この団体の代表とされる「植島幹六(うえしま・かんろく)」という人物の名前が目についた。

そこで、この人物の名前でネット検索をかけたら、またまた怪しげな記事が現れた。

『救う会の擬似団体パート2』
http://hp1.cyberstation.ne.jp/negi/DEMO/topic/t068.htm

『救う会の擬似団体パート3』
http://hp1.cyberstation.ne.jp/negi/DEMO/topic/t069.htm


どうもこの男、学習塾の教師か何かをやっていたようなのだが、1984年にこんな本を出している。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/02952105

この男は、この本のほか、どういうわけか1984年?85年頃に、学習塾や中学・高校受験関係の著書を大量に出版している。

しかしその後、どんどん怪しげな道へと突き進んでいったようだ。

「カンロク先生」と自称していたというこの男、今の時代だったら、ホリエモンや村上ファンドとつるんでインチキをやりかねないタイプの人間なんじゃないだろうか?


↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

スポンサーサイト