FC2ブログ

きまぐれな日々

もう既に多くの人が指摘していることではあるが、成立早々各方面から批判を浴びた安倍晋三内閣が、電撃的中国・韓国訪問の最中に行われた、北朝鮮の「核実験」のおかげで、大いに追い風に乗ったようだ。

立花隆さんが、『安倍外交 "神話"の試金石 北朝鮮の「核」と「拉致」』立花隆の「メディア ソシオ-ポリティクス」第86回)で指摘しているように、安倍晋三首相は、アジア外交でポイントを獲得した形で、政権の前途を占う最初の試金石とされていた来週末投票の衆議院補欠選挙の情勢は、当初予想されていた接戦ではなく、自民党の圧勝になる可能性が出てきた。

もちろん、ここまでの展開で安倍の最大のサポーターとなったのは、金正日北朝鮮である。

月刊「現代」10月号掲載の記事で、安倍晋三に宣戦布告した立花氏は、国会での論戦で惨めな姿をさらした安倍が、外交舞台では堂々たる立ち居振る舞いをしたことについて分析し、一定の評価を与えている。安倍晋三が、亡父・安倍晋太郎の外相時代、長く晋太郎氏の秘書を務めていたことや、小泉政権の中枢に居続けた経験がものをいっていると指摘している。敵の獲得ポイントでも冷静に評価しているのは、さすがは立花さんといえるかもしれない。

もちろん、立花さんは安倍が戦後民主主義を破壊しようとしていることを批判しているわけだから、「総理大臣との資質には疑問」としているが、具体的な安倍批判については、次回以降に書かれるようで、今回はパスしている。そして代わりに、安倍の最大のセールスポイントである「拉致問題」が、逆に安倍のアキレス腱になる可能性を指摘している(この議論については、立花さんのコラムを直接参照されたい)。

立花さんも触れているように、民主党の森ゆうこ議員が、国会で「週刊現代」10月21日号の記事「安倍晋三拉致問題を食いものにしている」という記事を持ち出して安倍に質問したのに対し、安倍が怒り狂って審議が中断したのだが、ここでは、この「週刊現代」の記事についてちょっと詳しく書いてみたい。

この記事のタイトルを見た時、私はただちに「カナダde日本語」の7月1日の記事 「安倍は総裁選のためにめぐみさんや北朝鮮まで利用している」を連想した。ちょっと脱線するが、これは、AbEndキャンペーンの提唱者・美爾依さんの記事の中でも特に印象に残ったもので、こういう記事を多くの人に読んでもらおうと、AbEndキャンペーン普及工作にいっそう力を入れるきっかけになった、思い出深い記事だ(注:当時私は、上記趣旨のコメントをこの記事に寄せましたが、ネット右翼の気に障った記事でもあるようで、嫌がらせのコメントもついています)。

さて、以下に安倍を激怒させた「週刊現代」の記事を紹介することにしよう。
スポンサーサイト