きまぐれな日々

安倍晋三首相が、初の所信表明演説を行った。
それに対する各紙の社説は、次のようになっている。

「歴史観をなぜ語らない 安倍演説」 (東京新聞)
「安倍首相演説 じわり脱小泉そろりと右へ」 (毎日新聞)
「所信表明 そろり安全運転ですか」 (朝日新聞)
「所信表明 買いたい国家再生の気概」 (産経新聞)

筆者がマシと思う順番に並べてある。なお、読売と日経は省略したが、朝日と産経の間にくる。
毎日と朝日は、ともに「そろり」という言葉を用いて、タカ派的正体を意識的に隠そうとしている安倍を揶揄しているが、そういう両紙の社説自体、安倍への批判を妙に遠慮した歯切れの悪いもので、「朝日と毎日 そろり安倍への揶揄ですか」と言いたくなるくらいだ。
安倍に歴史観をはっきり示せと求めた東京新聞が、もっともマシな社説だといえるだろうが、明快に安倍への強い支持を打ち出した産経新聞と比較する時、リベラル寄りとされる朝日・毎日・東京(中日)三紙の腰の引け方を、やはり批判しなければならないだろう。

さて、沖縄で逮捕された平良牧師が釈放されたという件については、ずいぶん出遅れてしまった。釈放からすでに3日が経過しており、下記URLの記事などで紹介されている。

「平良夏芽釈放」…とりあえず報告です(「dr.stoneflyの戯れ言」より)
「9・27緊急抗議集会」(「NO BASE 辺野古☆名古屋」より)
「平良牧師が釈放!」(「カナダde日本語」より)

下記URLの記事では、平良牧師のメッセージが紹介されている。

「沖縄の名護署に不当逮捕・釈放された平良牧師のメッセージ」(「権力とマイノリティ」より)

ところで、米軍の準機関紙 "Stars and Stripes"が、はっきりと今回の件が平良牧師を狙い撃ちした逮捕だったと報じているので、ここに紹介しておく。

"Base protester on hunger strike in Okinawa jail" ("Stars and Stripes" 2006年9月28日)

これは、9月28日付ではあるが、平良牧師の釈放直前に、沖縄県警名護署副署長の親川氏に取材して書かれた記事のようだ。
少し引用する。

Oyakawa said Taira was called over to the police officers, where he was taken into custody.
“We had decided to break up the protest first then separate Taira from the group and arrest him,” he said.

ここで親川氏は、「まず反対派をばらばらにして(break up)、平良氏をグループから引き離して逮捕すると決めていた」とはっきり語っている。
やはり、この逮捕劇は、権力側の示威行為だったと解するしかないだろう。


↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

スポンサーサイト