FC2ブログ

きまぐれな日々

これはもう「筆禍事件」といっても良いだろう。

"bakawashinanakyanaoranai" (馬鹿は死ななきゃ直らない)というふざけた文字列を含む城内実のブログエントリについた「はてなブックマーク」の数は、増加が一向に止まらず、ついに110件を超えた。これまで零細だった城内実のブログとしては突出した人気エントリになり、城内は一躍人気ブロガーの仲間入りを果たした(笑)。

しかしその内容は笑いごとではなく、「こんな人が実際に国会議員をやっていたなんて信じられない」とは、誰もが思うことだろう。さすがは安倍晋三の側近だっただけのことはある。人権感覚のかけらもない極右レイシストだ。反コイズミ・反安倍晋三の主張をしていたかたわら、こんな人物を持ち上げていた「政治ブロガー」たちの責任もきわめて重い。

「はてブ」100件超については、「kojitakenが煽ったせいだ」と被害妄想に陥っている城内実の支持者もいるかもしれないが、当ブログではエントリ1件あたりの「はてブ」件数は、50件を超えたことが一度あるだけだ。自分のブログでもその程度なのに、他人のブログの「はてブコメント」を炎上させる力など、当ブログにはない。城内のエントリについたすさまじい「はてブ」の数は、それだけあのエントリが読んだ者の度肝を抜き、心胆寒からしめるものであることを示している。

なお、「kojitakenの日記」の方では、「故稲尾和久氏が暴露していた「燃える男・星野仙一」の正体」という、稲尾和久さんの著書を紹介したエントリで142件の「はてブ」をいただいたことがあるが、「kojitakenの日記」においても、これが唯一の3桁「はてブ」である。この時には、1日に8600件を超えるアクセスをいただいたが、城内のブログにも相当な数のアクセスが殺到したに違いない。そして、読者の大部分は城内に対して極めて強い嫌悪感を抱いたことだろう。

これは、場合によっては静岡7区の情勢を変えるかもしれない。静岡7区は、前回の総選挙で「刺客」の片山さつきが城内を倒して当選した選挙区だが、その後の新自由主義の没落と、倣岸不遜な片山のキャラクターが嫌われていること、さらに落選した城内に同情が集まっていることなどもあって、情勢は圧倒的に城内が有利と見られていた。

前回の総選挙では、民主党は阿部卓也を立てたが落選した。その阿部はブログを開設しており、昨年12月18日付で、「城内 実氏について」というエントリを公開している。以下引用する。

民主党の7区の公認候補者擁立作業が進んでいますが、
「城内実氏を民主で公認するなり、国民新党で戦ってもらって
応援すればどうか」とのご意見やご質問をいただきます。
この際、あくまで「私個人の認識」ですが
誤解や混乱が生じないよう、はっきり申し上げておきます。

あらゆるルートからのアプローチに対して
ご本人が「NO」であり、
野党サイドでたたかうことに同意がいただけなかったもの。
と考えております。前回同様、“正当な自民党”を
めぐる選挙を望まれているものと拝察いたします。

よって、政権選択選挙となる今回の衆議院選挙におきましては
民主党としては当然ながら候補者の擁立を致します。

(静岡県議会議員 阿部 卓也のブログ 『負袋録(ふたいろく)』 2007年12月18日付エントリ 「城内 実氏について」より)


呆れたことに、城内実を民主党または国民新党公認で擁立しようという動きがあったのだ。だが、城内の方からそれを蹴った。だから、民主党は静岡7区の候補者を公募し、その結果内定したのが斉木武志なのである。

昨日、「カナダde日本語」が、静岡7区と静岡8区の民主党候補を紹介するエントリ(下記URL)をあげていて、それに私がコメントしたところ、エントリに盛り込んでいただいたのだが、そこにも書いた通り、斉木武志は先月発表された民主党の2次公認から漏れた。
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-1272.html

ここから私のコメントを再録する。

民主党が先月発表した二次公認から斉木武志氏は漏れています。
私は、もしかして民主党が城内実に遠慮して斉木氏に立候補を取り下げさせるのではないかと思っていました。しかし、ここにきて城内実がブログで筆禍事件を起こし、事情が変わりました。

城内のブログ記事
http://www.m-kiuchi.com/2008/11/11/bakawashinanakyanaoranai/
は、そのあまりのひどい内容のため、「はてブコメント」が炎上しました。
http://b.hatena.ne.jp/entry/http://www.m-kiuchi.com/2008/11/11/bakawashinanakyanaoranai/

これで、民主党が城内や片山さつきを倒すために立ち上がらなかったら、政権交代を目指す政党の名が泣くというものでしょう。おそらく斉木氏は三次公認に入ると思います。

有力と見られていた城内は、今後間違いなく失速するでしょうから、静岡7区は片山を含めた三つどもえの大混戦になることでしょう。


ここで書いたように、私は民主党は斉木武志の公認を内定したあとも、候補者の擁立を止めて、事実上城内実の応援に回るのではないかとずっと疑っていた。当地から瀬戸内海を隔てた対岸にある岡山では、平沼赳夫に遠慮して民主党は岡山3区の候補者擁立をしない方針だから、同様のことを静岡7区でもやらかすのではないかとずっと心配していたのである。

しかし、城内が極右レイシストの本性をむき出しにした文章を公表して激しい非難を浴びた以上、民主党は静岡7区で候補を立てるなり他の野党の候補(もちろん城内実を除く)を支持するなどしない限り、静岡7区の有権者に、新自由主義者のコイズミチルドレンと、平沼一派の極右レイシストのどちらかという、究極の選択を迫ることになってしまう。もちろん、他の野党候補に投票すれば良いといわれればそれまでだが、選挙は勝たなければ意味がない。静岡7区の有権者の思想信条が、新自由主義か極右レイシズムのどちらかに大別されるなら、片山対城内の対決の構図でも構わないかもしれないが、そんなことはあり得ないだろう。

民主党には、早く態度をはっきりさせることを望みたい。斉木武志の公認を内定した以上、斉木を早く公認することが最善の策だと思う。万々一、ここで戦いを放棄して事実上城内実を助けるようなことがあったら、民主党はファシズムとの親和性がきわめて強い政党であると断ぜざるを得ない。そんなことになったら、二大政党が新自由主義か極右かの選択になってしまう。いや、今でも民主党には大勢の新自由主義者がいるから、民主党はネオリベ兼ネオコンの極悪政党ということになってしまう。これでは有権者を失望させ、政治に対する絶望感を深めるばかりだろう。もちろん、当ブログは現在自民党に対して行っているよりももっと強い批判を民主党に対して行わざるを得ない。

民主党の賢明な判断に期待したい。


#この記事は、「トラックバックピープル・自民党」 および 「トラックバックピープル・安倍晋三」 にトラックバックしています。ここにTBされている他の自民党関係の記事も、どうかご覧下さい。

↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

昨日のエントリで批判した城内実の醜悪なブログエントリには、その後もネガティブなコメントを伴った「はてなブックマーク」が続々とつき、これを書いている時点で54件に達しているが、そのうち実に22件に「これはひどい」のタグがついている。心ある人なら誰が見ても呆れ返る記事なのだが、城内のエントリそのもののコメント欄がまたひどくて、2ちゃんねるを見てエントリを知ったとかいうネット右翼が大挙して押し寄せている。

そもそも、平沼赳夫や城内実らががなり立てていた国籍法改正反対論は、新聞などでもほとんど相手にされず、産経新聞でさえ衆院を通過したあとで自民党議員の反対論や懐疑論を紹介する程度だった。しかし、ネット右翼の間では一大事として大騒ぎになっていて、反対論をぶち上げていた平沼や城内は英雄扱いだったようだ。それでネット右翼の歓心を買おうとして城内が書いたのが、くだんのエントリだったのだろう。もちろん、正気の人間が読めば「これはひどい」というタグをつけるほかない代物であることはいうまでもない。

これまで静岡7区で劣勢と見られていた片山さつきにとっては、思いもかけない幸運だろう。昨年の参院選前に、「消えた年金」問題を菅直人のせいにするビラを作成して大顰蹙を買った片山なら、城みちる、もとい城内実の人権感覚はこの通りですよ、と城内のブログ記事を転載したビラを作成して、こんな人を当選させて良いのでしょうか、と訴えるだろうし、当ブログとしても、静岡7区の有権者に城内実の正体を知ってもらうためにも、片山さつき陣営にはこの件をバンバン宣伝してもらいたいと思う。

そして、現状では静岡7区の有権者は、新自由主義者と極右レイシストという不毛な選択を強いられる状態なので、野党にはこの2人を共倒れさせる強力な候補者の擁立を是非お願いしたい。仮に、野党の候補者が弱体で、片山か城内どちらかを選ばざるを得ない立場に私が追い込まれたとしたら、迷わず片山を選ぶ。城内実だけは断じて許せない。こんな男は絶対に国政に復帰させてはならない。第一、この男は今問題のアパ(元谷外志雄会長)とも癒着しており、「ワインの会」にも何度か出席している(下記URL参照)。城内はもともと安倍晋三の弟分として売り出した政治家だから当然の癒着ではあるのだが。

http://www.apa.co.jp/appletown/pdf/wine/0404_wine.pdf

http://www.apa.co.jp/appletown/pdf/wine/0508_wine.pdf

民主党は従来、平沼一派に色目を使ってきたが、麻生政権が醜態をさらして、次の選挙はどう転んでも民主党絶対有利の情勢が見えてきた今、ファシズムへの道を開きかねない平沼一派は切り捨てるべきだと思う。岡山3区も、平沼と自民党候補の比較ならまだ自民党候補の方がましだと私は考えている。岡山3区でも是非民主党独自候補の擁立を検討してほしい。

マイナーな政治家の悪口はいったん中断して、久々に麻生太郎内閣について書くことにするが、このところの麻生内閣の迷走は実にひどいものがある。本エントリのタイトルは、福田内閣の発足直後に支持率が50%以上を記録した時に書いたエントリ「福田内閣支持率50%超に見る日本人の知性の劣化」というタイトルのもじりで、このエントリは当ブログの数ある記事の中でももっとも悪評の高かったものだ。それには理由があって、これは、あえて読者を挑発したエントリだった。

当時のエントリで、現在は思うところあって使用を止めている「B層」という用語を用いているが、考える訓練を十分受けておらず、流されやすい国民が増えていて、彼らがコイズミカイカクを支持し、「サワヤカな安倍晋三」を支持したあと掌を返し、かと思うとすぐ福田内閣を支持したもののすぐ離れ、麻生内閣を支持したものの離れようとしている。麻生も、言葉が軽くて、言ったことをすぐ引っ込めたり、「(医師は)社会的 常識がかなり欠落している人が多い」などと馬鹿なことを言うものだから、誰が作ったか知れない麻生の虚像に騙されていた人たちも麻生の正体に気づき始めているが、そもそも騙されること自体がおかしい。

そして、簡単に騙されるのは何も自民党支持者ばかりではない。一部の右派民族主義者が、仲の良い反政府系ブロガーをたきつけて、城内実を支援するキャンペーンを始めてからもうかなりの年数が経つ。その間、コイズミの新自由主義に反対していただけならまだしも、安倍晋三の極右政治に反対していたはずのブロガーたちまでもが城内を応援した。だが、城内実は安倍晋三の側近だった政治家であり、城内の口からはコイズミカイカクへの批判は聞けても、安倍晋三への批判は一度もなされたことがないはずだ。それを、「AbEndキャンペーン」に賛同していたはずのブロガーたちまで、見て見ぬふりをする。城内実応援の旗振り役を務めているブログは、安倍政権崩壊と同時に安倍晋三批判を止めると宣言した。それは、城内実の利益に合致した行動だった。旗振り役のブログは確信犯だから仕方ないが、そのブログ仲間たちも簡単に騙されて城内実に好意的な評価を下していた。どういうわけか、「左のほうの水伝騒動」における「共感派」に、城内実を応援する人たちが多く、そもそも旗振り役のブログ自体が、騒動開始後直ちに「XXちゃんと共闘する」と宣言した。その後も、平沼赳夫の動画までブログに載せて、郵政民営化反対を訴えていた「共感派」のブログもあった。確信犯の旗振り役ブログからはもはや何も聞きたくないが、彼に騙された多くのブロガーたちには、今回明らかになった城内実の醜悪なブログのエントリをいったいどう思うのか、聞いてみたい。

もちろん、城内実応援の旗振り役のブログと友好関係にありながら、城内のエントリを厳しく批判した良心的なブログも存在する。私が城内のトンデモなエントリを知ったのも、そういうブログを通じてである。だから、みんながみんな騙されやすいわけではない。しかし、これまで城内を応援してきたブログのほとんどが、この件に沈黙を守っている。「私は騙されていました」などとは恥ずかしくて言えないからだろう。つまり、彼らも「コイズミカイカク」に騙されていた人たちと何も変わらないのだ。

今日のエントリは、タイトルと中身にかなりの落差があるが、今麻生内閣を支持している30%前後の人たちのうち、20%くらいは確信を持った自民党または麻生太郎の支持者だろう。問題はそういう人たちではなく、風に流されてコイズミカイカクを支持し、騙されたと知って郵政民営化反対を訴える城内実を支持してまたも騙されたような人たちだ。こういう人たちが増えれば増えるほど、社会はファシズムにつけこまれやすくなる。城内のエントリについた「はてなブックマーク」にも、

次世代のファシズムは表面上「反ファシズム」を謳いながら表れる(例:佐藤優現象)

というCrowClawさんの的確なコメントがついている。

城内実の場合は、あまりにも稚拙だったから、あっさり馬脚を現した。だが、今後もっと巧妙なファシストが現れたら、日本はいとも簡単に「いつか来た道」を歩んでしまうのではないか。そう強く危惧する今日この頃である。


#この記事は、「トラックバックピープル・自民党」 および 「トラックバックピープル・安倍晋三」 にトラックバックしています。ここにTBされている他の自民党関係の記事も、どうかご覧下さい。

↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

昨日は都合により当ブログをお休みした(裏ブログは更新した)が、本当は新聞が一面トップで報じた、元厚生次官が狙われ、さいたま市では山口剛彦氏と妻の美知子さんが殺害され、東京都では吉原健二氏の妻靖子さんが重傷を負った事件について書くべきところだった。

これらの事件は、新聞(朝日新聞及び四国新聞)では「テロか」という見出しで報じられている。一方、「テロ」という表現に否定的な意見もあり、ネットなどでは「やられても仕方ない」とか「自業自得だ」と言わんばかりの意見も散見される。たとえば、全体主義的傾向が強いと私がみなしている某ブログには、自民党の政治家や高級官僚たちがこれまでやってきた悪事に比べたらたいしたことはない、と言わんばかりのコメントが寄せられており、これを見て背筋が凍る思いがするとともに、昨年4月に長崎市の伊藤一長市長が殺された時、「これは思想的背景のない事件で、テロという言葉を用いるべきではない」とネット右翼がしたり顔で言っていたことを思い出した。

私は、右であろうが左であろうが、上記の例のように人命を軽視するかのような意見には断じて与しない。昨年の伊藤一長市長銃撃事件も、今回の元厚生次官が狙われた事件も、テロ以外のなにものでもないし、決してこれらのテロを許してはならないと考える。そして、この感覚を共有しない人とは政治や社会について語り合いたくない。そういう人は、私にとっては門前払いの対象である。

だが、残念ながら政治家にしてもブロガーにしても掲示板投稿者にしても、私の規定する最低ラインに達していない人たちは、あまりにも多い。今でも苦々しく思い出すのは、伊藤一長市長が銃撃された知らせを聞いた時、暴力を憎み、言論の自由を脅かす行為を許さない言葉が口をついて出てこなかった元首相・安倍晋三である。一昨年加藤紘一の実家が放火された時にも、安倍はコイズミともども、なかなかテロ行為を非難する言葉を発さなかった。

朝日新聞の記事が報じているように、正常な感覚を持った政治家であれば、事件後直ちに暴力行為を非難するコメントを発する。中山成彬のトンデモ日教組批判を擁護した細田直之も、日頃防衛関係のタカ派的傾向を私が苦々しく思っている鳩山由紀夫も、ただちに犯行を「テロ行為」として非難するコメントを出した。これが正常な人間の姿である。被害者がどんな立場の人であろうが関係ない。人の命をいとも簡単に奪おうとする行為は、背後関係があろうがなかろうが断じて許してはならない。

だが、そんな感覚を持っていない政治家と見なさざるを得なかったのが安倍晋三だった。加藤紘一邸放火事件の時、伊藤一長襲撃事件の時、どんなに安倍のリアクションに腹が立ったことか。

ところで、3年前の郵政解散・総選挙直前まで、その安倍晋三の懐刀と見られていた政治家が城内実である。この城内は、郵政造反組として3年前の総選挙でコイズミに刺客・片山さつきを送られて落選して以来、反コイズミを標榜する一部の人たちに異様な人気があり、城内を持ち上げる「リベラル・平和系」(笑)のブロガーも多い。

これは、コイズミの新自由主義と同じくらい、安倍の国家主義極右政治を嫌う私としては、実に不可解な現象であり、安倍政権成立直後の一昨年11月16日に書いた「安倍政権につながる極右人脈」で、「城内実は「AbEnd」の敵である」と書いて以来、一貫して城内を批判し続けている。なお、比較的最近からの読者のために書いておくと、「AbEnd」とは「安倍を 『the End!』 させよう」を合言葉として行った反安倍晋三のブログキャンペーンの名称である。

そのブログを見る限り、社会民主主義者かと思える主張が並んでいるが、実体は信じられない差別意識を持ち、人権感覚のかけらもない極右政治家、それが城内実の正体だ。そして、昨夜「kojitakenの日記」にも書いたのだが、国籍法改正反対の主張に絡めて、ついに城内実がその本性を露呈したエントリをブログに公開した(下記URL)。

http://www.m-kiuchi.com/2008/11/11/bakawashinanakyanaoranai/


上記URLの文字列 "bakawashinanakyanaoranai"、つまり「馬鹿は死ななきゃ直らない」、この言葉に城内実の本性が凝縮されている。

私はこの城内のエントリを、「日本がアブナイ!」経由で知ったのだが、同ブログ管理人のmewさんもあきれ返っていて、

 ところが、上述の記事の後半に書かれた「たとえ話」は、あまりにもヒドイものだ。本人が作ったのか、他者が作ったものをアップしたのかわからないが。これは、品がないを通り越して、あまりに下劣なものだし。他国の人を愚弄し、蔑視するようなもので、政治家としてだけでなく、ひとりの人間として、人権概念を有していないと言っていいだろう。(ーー;) 

 けど・・・他の地方を含む政治家系ブログにも、時々見られることであるが。これが近時の超保守系orウヨ保守系の政治家の実態なのである。(**)

と書いておられる。

「他国の人を愚弄し、蔑視する」城内は、ブログの記事でインドネシア、フィリピン、中国の人たちを蔑視している。それどころか、ニューヨークや大阪、特に西成区の住民に対する差別意識をむき出しにしている。とにかくこれは正視に耐えないほどひどいエントリであって、これを読んで怒りを覚えない人間を、私は信用できない。「何でもカイカク、カイカクの一環や」というフレーズに、コイズミカイカク批判が込められているが、こういうフレーズさえあれば城内のすべてを許してしまう倒錯したブロガー連中が、城内を再び国政の場に送り出そうと懸命にキャンペーンをしており、私はずっとそれを批判し続けているのだが、賛同する人間はきわめて少ない。

私ははっきり言って、こんな城内実のような人間が当選するくらいなら、前原誠司を「こいつ」呼ばわりした傲岸不遜な片山さつきが当選したほうがまだましだとさえ思う。片山の新自由主義には辟易するが、少なくとも歴史認識においては片山さつきは城内実よりずっとまともだ。

もちろん、選挙では片山と城内の共倒れがベストであり、民主党の二次公認に漏れた斉木武志が力不足と見るなら、もっと強力な候補者を民主党は送り込むべきだ。実は私は、最終的に民主党は斉木武志を降ろして、城内実を事実上バックアップするのではないかとずっと疑っているのだが、万一そんなことになったらブログで民主党を大々的に批判させていただく。

それにつけても、城内実のことを考えるたびに思い出すのが、10月25日に大阪で行われた辺見庸の講演会である。10月27日付エントリ「新自由主義のあとにくるもの ? 国家社会主義を阻止せよ」にも書いたが、辺見庸は、これまでの新自由主義に代わって、国家による統制をよしとする言論が支持されるようになり、それに伴って国家社会主義の変種ともいうべき者が、「革新づらをして」現れるだろう、そう予言した。特に、「革新づらをして」という語句に、異様なまでに力を込めていた。

「佐藤優現象」批判で論壇の注目を集めた金光翔さんは、ブログ「私にも話させて」のエントリ「辺見庸の警告と<佐藤優現象>の2つの側面」において、辺見庸は佐藤優を念頭に置いているのではないかと書かれているが、講演を聴きながら私が直ちに思い出したのは城内実だった。最近、某ブログ経由で、城内実が自分自身のことを「中道左派(リベラル)」だと称していると知った時、「革新づらをして」という辺見庸の言葉を再び思い出したことはいうまでもない。私の分類では、城内実は国家社会主義者になる。

城内のくだんのエントリには、当然のことながら、ネガティブなコメントを伴った「はてなブックマーク」がついている。その中からいくつか紹介したい。

  • 2008年11月18日 kazenofukumama これはひどい 一生落選してろ。
  • 2008年11月19日 arkanal 城内氏の人間観、品性の自己紹介。小倉弁護士やイシケリアソビ氏のブログと比較するとより味わいが増す。こんな下品な想像を記録に残しながら、わが国の立法府に返り咲こうと言う気概と言うか妄想だけは買う
  • 2008年11月19日 vanacoral 政治, 城内実, 差別 汚らしい文章だなあ。ゲシュタポというか、ナチのタブロイド紙「シュテュルマー」みたいなエントリー。

昨夜は、あまりに下劣極まりない城内実のブログに対して、どうにも怒りが収まらなかったのだが、この時点で城内が本性を露呈してくれたことによって、多くの人が城内の正体を知り、支持をやめてくれることを願うしかない。それと、民主党には何が何でも城内実と片山さつきを共倒れに追い込んで欲しいと重ねてお願いする次第である。


↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング