FC2ブログ

きまぐれな日々

昨日(5月28日)、当地は早くも梅雨入りした。5月の梅雨入りはあまり記憶にないが、先週土曜日の雨を境に空気が変わって、じめじめと湿った不快な気候になっていた。

‥‥そんなワケで、このところのいわゆる「リベラル・左派系」のブログも四分五裂の状態だ。

3年前に 「きっこの日記」 に夢中になった当ブログ管理人が、初めてインターネットにおける議論の 「フレーム」 を目撃したのは、もう18年も前のことだ。その頃はまだwwwなんかなかった。インターネットといっても、テキストベースの電子メールとネットニュースが中心だった。そのネットニュースで、インターネットにおける議論が 「フレーム」 を生じやすいことを知った。ネットニュースにおいては匿名が認められておらず、参加者は実名を出して議論の相手をアホ、バカと罵倒していた。あれを初めて見た時はカルチャーショックだった。当時の私はその議論には加わらず、インターネットの利用はもっぱら電子メールとソフトウェアのダウンロードに限っていた。だが、当時からインターネットで議論を行っていた人たちは、「炎上」を回避してネットでの議論から成果を得るための技法を磨いていったようだ。

同じ頃、パソコン通信も普及し始めていたが、私はあまり利用しなかった。パソコン通信の議論でもよくフレームが生じたようだが、それらに対しては、ネットニュースでのフレームの劣化版という印象を受けた。

個人でインターネットをやるようになったのは1997年のことである。掲示板での議論でも、やはりフレームが頻発したが、前記パソコン通信におけるフレームと同様の印象を持った。

ウェブログ(ブログ)が流行り出したのは4年くらい前だろうか。「政治ブログ」が目立つようになったのは3年前頃だった。当時はコイズミ支持派のブログが多かったが、反コイズミを掲げたブログ運動も始まった。後者についてはさまざまな毀誉褒貶があるが、その歴史的意義は認めておかねばならないと思う。

リベラル・左派系のブログ言論の全貌など、当ブログ管理人には知りようもないが、「トラックバック・ピープル」を利用していた人たちの一部を中心としたブログ言論には、一つ不思議な特徴があった。

それは、必要以上に議論を嫌い、異論に対して強い同調圧力をかけることだ。

これは、正月以来の「水からの伝言」騒動の最大のポイントであったと当ブログは考えている。

当ブログの読者の間では、「水からの伝言」騒動の記事は不人気で、当初の頃(1月)を除いて、この題材を取り上げた記事はアクセス数も「ブログ拍手」も少ないのだが、そこにはどうしても看過できないものがあるので、あえて書き続ける。

20年近く前のネットニュースでの議論において、同調圧力はなかったかというと、そんなことはなかった。当時から「レッテル張り」はあったし、それは対立する2つまたはそれ以上の陣営のフレームの火に油を注いだ。だが、それと今回のケースが異なるのは、「本来団結すべき両陣営が喧嘩をしてはならない」、「リベラル・左派は分裂してはならない」、「真の敵を見失ってはならない」などといって、論争を収拾しようとする人たちが少なからず現れたことだ。それは、結果として同調圧力を強める方向へと働いたが、今回の陣営で強く同調圧力を求めた側が、議論においてかなり早い段階から劣勢になっていたこともあり、事態を収拾させることはできなかった。

この論争は、古くからネットにおける議論の技法を磨いてきた人たちにとっても違和感が強かったようで、そちらからの批判もこのところずいぶん目立つようになったが、そちらの世界にあとから入ってきた人たちの中には、スキルの高くない人もいて、やたらと長文を書く上、「落としどころ」や「手打ち」に言及するなどのベタな政治的発言を繰り返し、あげくの果てに論理が破綻している文章を書く人までいたのには、それこそビックル一気飲みだった。だが、ビックルどころかビッギーを飲んでしまったのは、そういう人を、議論のスキルを磨いてきたはずの人が庇って、対立する論陣を張っている人たちに対して感情的な批評を加えたことである。

文芸批評の領域では、「印象批評」は現在では通用しないと聞いている。同様に、古くからインターネットにおける議論のスキルを磨いてきた人たちにとっては、印象批評はご法度のはずだ、そう私は考えていた。ひとたび印象批評をやったら、「根拠を示せ」と突っ込まれるのが普通だ。ところが、今回アカデミズム側にいるある方に、「あなたのやっているのは印象批評だ」と指摘したら、「私は印象で書いている」と返されてしまった。これには、「膝カックン」だった。ひとたび確立したはずの、アカデミズムの世界の人たちの「ネットにおける議論のスキル」というのももしかしたら形骸化してしまっているのではないか、そんな「印象」(笑)を受けたのである。

そもそも私は、自然言語の性質上、書き手の人格と書かれたテキストを切り離すことはできないと考えている。「書かれていないことを勝手に読み取ってはならない」というのはその通りで、今回の騒動においては、政治批判ブログ系の「水からの伝言」批判派は、「共感派」の周辺に群がる有象無象の人たちによって、勝手に「解同」や「連合赤軍」や「ソーカルト」にでっち上げられた。これは、「共感派」の周辺には、平気で「書かれていないことを勝手に読み取る」人たちが多数いることを示している。だが、人間を切り離しての議論などできない、それが「政治批判系」の「水伝」批判派の何人かの主張だし、それには当ブログも賛成だ。

しかし、アカデミズム系の人たちの間では「属人的な議論」はタブーらしくて、政治批判系のブログでは「属人的な議論をしている(から程度が低い)」というのが、アカデミズム系の人たちの一部からなされた批判だった。しかし、この主張の急先鋒に立っていた人が、前記のように政治的発言を連発していて、論理もうまく操れず、それなのにその人を、議論のスキルに熟達しているはずの人が感情的になって庇い立て、対立論者を印象批評で批判した。この状況を見ていて、「なんだかなぁ」と思って考え込んでしまったのである。

やはり、人間のあり方、コミュニケーションのあり方というのは、十年や二十年程度では変わらないもののようだ。あちら側では、「十数年前の 『fj』 の議論を思い出す」とか、「今の人は『fj』なんか知らないからなあ」などと言っているが、前者についてはこちらも同じ思いであり、後者については、「fjを経験してきた私たちは、(政治系ブログの人たちなんかと比べて)一段上のステージに達しているんだ」という自負を感じた。だが、本当にそうか。これからは、「メタモヒカン」の視点が必要になるんじゃないかと思った。そういえば、20年近く前に「fj」で起きた「差別用語論争」でも、1年後に再燃した時にはメタな視点からの議論がなされ、数年後には静かにかつてのテーゼが否定され、「差別用語」に関して「文脈を無視した議論は無意味だ」という主張がなされ、それに対する目立った反論はなかった。

当時の「fj」の方言では、「反論がなければ合意」だったはずだ。もっともそんなことを主張していたのは約1名だけだったが(笑)。


#この記事は、「トラックバックピープル・自民党」 にトラックバックしています。ここにTBされている他の自民党関係の記事も、どうかご覧下さい。

↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

しばらく前から、インターネット、リアルのジャーナリズムを問わず、右派の言論が急速に凋落してきたように思う。

新聞では、中日新聞(東京新聞)や毎日新聞に勇気ある論調の記事が目立つようになり、朝日新聞の右傾化にも歯止めがかかったように見える。雑誌では、「正論」と並ぶ極右誌だった「諸君!」が、やや中道寄りに立ち位置を微調整し、そんな中で中西輝政が切歯扼腕している。しかし、そんな中西も、かつてコイズミのポピュリズムを激烈に批判したのに、「正論」の別冊で「構造改革なくして『美しい国』はない」と言ったかと思うと、「正論」と「諸君!」の両方に寄稿した最新号では、再び「構造改革なんてどうでもいい」といわんばかりに、安倍晋三が本来の新保守主義(ネオコン)的主張を強く押し出さなかったことへの恨みつらみを書き連ねるなど、その言論には全く一貫性がない。こんな程度の低いのがブレーンをつとめているのだから、そりゃ安倍の化けの皮は早々と剥がれるはずだ(笑)。

ネット右翼たちもさんざんだ。かつて、「きち@石根」などとともに、「アインシュタインの予言」なる妄言を撒き散らしていた、いんちきブログの代名詞ともいうべき「毒吐き@てっく」は、「詐欺」騒ぎを起こして、「毒吐き」どころか「嘘吐き」であったことを露呈して話題となった。また、ネット右翼を代表するあるブログの管理人は、参院選に出馬して惨敗し、ネット右翼の言論が国民にほとんど支持されていないことを露呈した。「博士の独り言」は、「nikaidou.com」をパクって、「長崎市長銃撃犯人は本名を『白正哲』という朝鮮人だ」と主張したが、これが事実である証拠は、いまだに示されていない。

こんなザマでは、ネット右翼が国民の支持を得ることなどできないだろう。

コイズミ時代には、手強そうなネオリベ(新自由主義)のブログが多くあったが、それらは閉鎖するなり活性を失うなどしていて、今ではすっかり勢いを失った。そして、ネオコンのブログは、なぜか「人気ブログランキング」では多数のクリックを集めて上位を占めたりしているが、その影響力は気の毒になるほど小さい。「張子の虎」もいいところだ。

リベラル系ブログは、こんな右派言論(ネット右翼あるいはネットネオコン)など相手にせず、今後はより建設的な議論をしていきたいものだ。


↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

朝日新聞社の月刊論壇誌「論座」に民主党・菅直人代表代行へのインタビューが連載されている。これはなかなか興味深くて、これが載っているばかりに、これまで購読習慣のなかった「論座」をこのところ毎月購入している。

1993年に自民党が分裂し、非自民・非共産連立政権である細川護熙内閣が発足して以来の政党の離合集散については、もはやいつどのような政党の組み合わせがあったか記憶がさだかではない。だが、この過程でもっとも驚かされたのが1994年の自民・社会・さきがけ三党による連立政権(村山内閣)の樹立だった。

それに先立つ93年の細川内閣で与党の一員だった社会党は、小沢一郎らの新生党とそりが合わず、連立を離脱した。なんとしても政権に返り咲きたい自民党は、河野洋平総裁が社会党・さきがけに連立を打診した。細川内閣を引き継いでいた羽田内閣は総辞職したが、6月29日の内閣総理大臣指名選挙で、なんと小沢が自民党の海部俊樹を引き抜いて、自社さの候補・村山富市に対抗。結局決選投票の結果村山が勝って、自社さ連立政権が発足した。菅直人はこの政権を成立させた中心人物の一人であり、自民党の加藤紘一とは「KKライン」と呼ばれた。村山内閣総辞職の後を受けて発足した橋本龍太郎内閣で厚生大臣を務めていたがために、先般行われた参院選前に、自民党から「公式怪文書」(笑)をばら撒かれたことは記憶に新しい。

菅は96年に野に下り、鳩山由紀夫と組んで民主党を結成した。さらに、2003年には小沢一郎の自由党と合併し、民主党は数の上で自民党に対抗し得る大政党になった。民主党の国政選挙は、03年の総選挙、04年の参院選に連勝して党勢を拡大したが、05年の「郵政総選挙」で思わぬ大敗を喫した。これで大きく後退するかに見えたが、07年の参院選で大勝し、政権奪取に王手をかけた形である。

こうして見ていくと、菅はここ十数年の政界において、継続して大きな影響を及ぼしてきた人物であることがわかる。他に同様の人物を探してみても、小沢一郎くらいしか思いつかない。コイズミは01年の首相就任以前には泡沫に過ぎなかったし、安倍晋三など首相になったこと自体が間違っている人物である。安倍は、首相退任後速やかに政界から消え去る運命であろう。経世会はコイズミに駆逐されて勢いを失った。いまや自民党で政治家らしい政治家というと、加藤紘一くらいしか思い浮かばない。安倍と主張のかけ離れた加藤が自民党の総裁になろうはずはないから、自民党が安倍の後継者がいなくて頭を悩ませているのも理解できようというものだ。

加藤というとなんといっても忘れられないのは、2000年の「加藤の乱」だ。このエントリの冒頭で触れた「論座」の菅直人インタビューで、菅はこの加藤の乱は「インターネット政局だった」と語っている。

当時の政界の状況は今とよく似ていて、どうしようもない無能な宰相とみなされていた森喜朗は、失言や失態を連発してはマスコミにたたかれ、内閣支持率も20%を切って低迷していた。国民の森内閣への不満は高まっていったが、特に過激に森を攻撃したのはネット言論だった。

加藤が森に反旗を翻そうとした時、ネットは加藤を煽り、加藤はこれを国民の平均的な声に近いと考えて倒閣を企てたものの、結局失敗に終わったのだった。

当時、菅は加藤を首班にしてもいいと考えていた。加藤は読売新聞の渡邉恒雄に、携帯電話に菅の短縮番号を登録していることを見せ、「菅さんとは5秒で連絡が取れる」と言ったとのことだ。民主党が出す森内閣不信任案に加藤が乗って、不信任案が可決された場合、加藤が自民党を離党して新党を作るなら、民主党と連立政権を組む構想があったようだ。だが、自民党の必死の切り崩しによって、加藤の乱は不発に終わってしまった。

菅直人は語る。


 あの時はインターネット政局だった。加藤さんが自民党内の古い勢力に負けたとなると、それに対する国民の不満のマグマがたまる。特にインターネット勢力の間で、あの日は何百万人という人が早めに帰って国会中継を見たそうだ。飲み屋が空になったと言われたんですよ。
 加藤さんが悲劇のヒーローになるなら徹底的になればよかったと、私は今でも思っているんです。はっきりとは予想できないけど、何かが起きています。「ギリギリまで来ちゃったんだから、やっちまえ!」と私なんかは思うわけですよ。自民党内では、森さんのあとは黙っていても加藤さんが首相になる可能性が高かった。加藤さんはあえてそれを受け入れなかったんだから、ここまで来たら「やっちまえ!」と思うわけですよ。行動を起こした判断は、結果としては甘かったけど、起こした以上はやりきらなきゃだめでしょう。電話(注)の後、どうなるかなと思ったら、谷垣禎一さんが「あんたが大将なんだから、行っちゃいけない」というわけでしょう。もしあそこで何か動いていれば、インターネット的世論という意味で、日本の政治がもしかしたらガラッと変わったかもしれない。インターネット的世論に加藤さんは押されてというか、それを過大に評価して動いて、しかしそこまで行き切ったときは、本当のパワーになった可能性もあるわけですよね。

??しかし、加藤さんは動かなかった。加藤さんという政治家がよくわかったでしょう。

 よくわかったというか、加藤さんの最後のそういうところの弱さが、客観的にはわかりますよね。つまりは、優等生なんですね。

(「論座」 2007年9月号より)

(注) 菅直人は、加藤紘一に電話で「国会に来てくださいよ。不信任案に賛成しましょうよ。そのあとのことはそれからじゃないですか」と言ったが、結局加藤は説得されて本会議場に姿を現さなかった。


この時、加藤が動かなかったことが、翌年4月のコイズミ政権誕生につながった。そして、「コイズミカイカク」によって日本はめちゃくちゃな国になってしまった。これを思うと、「加藤の乱」の失敗は、加藤や菅直人にとってだけでなく、この国にとって一大痛恨事だったと思う。

ただ、指摘しておきたいのは、今よりずっとインターネット人口の少なかった2000年当時でさえ、インターネットは有力政治家の判断を狂わせてしまうほどの影響力を持っていたということだ。ましてや、今年の参院選の結果にインターネット言論が無力だったということはあり得ない。

7月4日のエントリで、辻元清美が「参院選の争点は 『アベシンゾー』 だ」と雑誌に書いたことを紹介した。また、朝日新聞の早野透編集委員は、「選挙の争点はカタカナの 『アベシンゾウ』 になってしまったな」 と語った(7月29日付「kojitakenの日記」 参照)。

「アベシンゾー」というカタカナ表記がはやったのは、「きっこの日記」 抜きには考えられないだろう。このこと一つをとっても、インターネット言論のリアルの政治への影響が無視できないことは明らかだと思う。そして、インターネット言論の影響力は、何も固有名詞の表記に限らないことは言うを待たないだろう。


↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

当ブログの5月の最後の記事で、「IT media」 サイトに掲載された、「新聞に生き残りの道はあるか」という記事に触れたが、7月最後の日の今日も、「IT media news」に、ブログで取り上げたくなる記事があった。「ウォール・ストリート・ジャーナル」の記事を和訳した、「紛争下で交流を続けるイスラエルとレバノンのブロガーたち」 という記事だ。

「Yahoo! JAPAN」のトピックスに出ていたから、ご存知の方も多いと思うが、それにもかかわらずこの記事を取り上げることにした。もしご存知でなければ、全文をお読みいただければ幸いである。

この記事に関する論評は不要かと思う。


↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

2006.07.31 23:08 | インターネット言論 | トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク