FC2ブログ

きまぐれな日々

 このところ、図らずも「立憲主義って何だ」と考えるようになり、自分が全く何も知らなかったことにわれながら唖然とさせられつつ、現在の政治状況について下記の認識に至った。

 今年の安保法をめぐる攻防が敗北(もちろん相手方の人たちにとっては勝利)であったことは言うまでもないが、それはこちら側の多くの人が言うような「希望が感じられる敗北」なんかではなく、保守思想である「立憲主義」のもとに防衛戦を戦った、いわば「背水の陣」がいとも簡単に破られた致命的な敗北だった。

 共産党までもが立憲主義を打ち出すようになり、マルクス主義法学ではなく立憲主義を奉じる、憲法学の世界では「保守派」と分類される学者たちと語り合うようになるとともに、「国民連合政府」を提唱しているのが現実だ。これを「共産党の右傾化」と決めつけるのはたやすいが、共産党もそこまで追い詰められていると私は見る。そうでもしないと、フラフラしている他の野党が揃って「大政翼賛会」側に行ってしまうのではないかとの危機感が共産党にはあるはずだ。一方でミイラ捕りがミイラになる、つまり共産党も含めて「大政翼賛会」化するという懸念もあるが。

 昨今、今やすっかり安倍晋三の手下に成り下がった反知性主義者の谷垣禎一らが、来年の衆参同日選挙を示唆しているが、それに呼応するかのように、「安倍政権を支持している」とその記事の中で明言する長谷川幸洋が、「騒がれだした衆参ダブル選、その行方を教えよう~政治家にぶら下がるだけの記者には分からない『政局の読み方』」なる、長ったらしいタイトルの記事を書いている。

 記事の内容は不愉快きわまりないから引用して紹介したりはしないが、思い出すべきは、昨年(2014年)の衆議院選挙実施も長谷川幸洋が言い当てていたことだ。これは、何も長谷川が敏腕記者だからでも何でもなく、それくらい長谷川が安倍政権とべったりであって、彼らの手の内を知りうる人間だからだ。こんな人間を、どうして中日新聞(東京新聞)はいつまでも飼っておくのだろうかとか、こんな人間を「親安倍のはずがない」などとみなしていた「小沢信者」にしてリアルの活動家である某ブロガーはなんて頭が悪いんだろうか、とはいつも書くことであって、短めに終わらせようと思っていたこの記事でも書いてしまった(笑)。

 いずれにせよ、長谷川の「予言」が当たる可能性は相当程度高い。衆参同日選挙が来年行われた場合、自民党に勝つのは至難の業だが、このハードルを超えない限り、日本が戦争を始めるだけでなく、明文改憲も行われてしまう可能性が高い。

 このところ私が共産党を批判してきたのは、「国民連合政府」を唱えるのなら、「一枚岩」である現在の党の体質をも変えよ、と言ってきたものである。これをもって私が「国民連合政府」に反対していると短絡的に捉えている読者は少なくないだろうと思うが、注意深い読者なら、私が一度も「国民連合政府に反対する」と書いたことがないことにお気づきだろう。そう、私は「国民連合政府」そのものには反対しない。「背水の陣」としての戦法としては認めるほかないと思っている。

 ただ、「国民連合政府」構想のもと、来年の参院選及び同時に行われるかもしれない衆院選を行うのであれば、それをまとめる司令塔となるのは、共産党では(小沢一郎らでも)なく、外部の有識者であるべきであり、安倍クーデター政権が立憲主義を踏みにじった今であれば、立憲主義を奉じる立場の憲法学者たちが中心になるほかないだろう。私自身は好まないが、自民党時代の小沢一郎と連携してかつては「9条改憲」論を唱える一方、最近では共産党の志位和夫委員長と語り合い、「立憲主義回復はすべてに優先」するとして「 『国民連合政府』で意気投合」したという(『しんぶん赤旗』記事による)小林節あたりが適任ではないか。但し、某有名ブログが以前書いたような内閣総理大臣としてではなく、外部の司令塔のトップとしてだが。小林節は、保守系の講演会で共演した櫻井よしこが「日本国憲法には権利ばかりが書いてあって義務の規定がほとんどない」と妄言を吐いたところ、これをこっぴどく批判して櫻井をやり込め、櫻井は講演会のあと顔面蒼白になり、小林節に挨拶もせず帰ってしまったらしい(佐高信との対談本による)。

 立憲主義系の学者たちの書いた学術書を私は読んだことがないが、彼らの何人かが書いた一般書(多くは新書本や文庫本)をこのところ何冊か読んだ。樋口陽一、水島朝穂、長谷部恭男、木村草太、それに前述の小林節の佐高信との対談本など。言うまでもないが、彼らの書いた本に、立憲主義がマルクスに論拠を持つなどと書いた記述は一行もないし、民主党政権時代に小沢一郎や菅直人らが内閣法制局長官の国会答弁を禁じたことを批判する学者もいる。

 それならば、立憲主義を論拠にして、安保法の廃棄を求めて戦うことになるであろう来年の参院選(または衆参同日選挙)を共産党(や小沢一郎ら)が仕切るのは、あってはならないことだと私は考える。「国民連合政府」を掲げる陣営は、強力な司令塔を民間に置く形で戦う以外に有権者の支持を広く得られる方法はないと思う今日この頃なのである。