FC2ブログ

きまぐれな日々

昨日の新聞の一面トップは、「沖縄ノート」訴訟判決の記事だった。大阪地裁の判決は、太平洋戦争末期の沖縄戦における「集団自決」に旧日本軍が関与したことを認め、「沖縄ノート」の著者・大江健三郎氏と出版元の岩波書店に出版差し止めと損害賠償を求めた原告の元戦隊長と遺族の請求を棄却し、大江氏側の勝訴となった。

こういう判決が出た時の各紙の社説はパターンが決まっていて、予想通り、朝日毎日東京(中日)の各紙は判決に肯定的で、読売産経は否定的だった。読売は、「集団自決の背景に多かれ少なかれ軍の「関与」があったということ自体を否定する議論は、これまでもない。この裁判でも原告が争っている核心は「命令」の有無である」と書いているが、後者をことさらに取り上げて、"「軍命令」は認定されなかった" という見出しを社説につけている。一方、朝日は、「「命令があったと信じるには相当な理由があった」と結論づけた」、毎日は「判決は、大江さんが引用し、「軍命令があった」とする戦後間もなくの証言集などの資料的価値を認め、住民証言は補償を求めるための捏造(ねつぞう)だとする原告の主張を否定した」と書いていて、読売の社説の見出しを読んだ人が朝日や毎日の社説を読むと、頭が混乱するに違いない。私には、軍の関与があって命令はなかったとする読売の主張はわけがわからない。開幕シリーズに3連敗したプロ野球・巨人の試合に原辰徳監督は関与していたが采配はふるわなかったと言っているようなものだ。理解不能である。

そもそも、この訴訟は2005年に起こされたものだ。大江健三郎の「沖縄ノート」の出版は1970年、その内容に疑義を呈した曽野綾子の「ある神話の背景」の出版は1973年だ。それが、2005年になって訴訟が起こされたのは、十数年くらい前から、産経新聞や産経文化人、それに右翼政治家らが推進した旧日本軍賛美の風潮に乗ったものだというほかない。この訴訟の原告側弁護士には、あの稲田朋美、テロを肯定する女にして、映画を検閲しようとした言論の自由の敵である稲田朋美が名を連ねているが、そのことからだけでもこの訴訟の性格は明らかだろう。旧日本軍人やその遺族は、彼ら歴史修正主義者たちによって利用されたのだ。

ところで、「稲田朋美」を検索語にしてGoogle検索をかけると、当ブログは4番目に引っかかるのだが、検索結果の画面に表示される「関連検索」がスゴい。たとえば、「稲田朋美 オリックス」というのがあって、一昨年10月15日付の「ストレイ・ドッグ」の記事が筆頭で引っかかるのだが、この記事には、
稲田代議士が、何とオリックス100%子会社「オリックス債権回収」の違法とも思える借金取立の代理人を夫(も弁護士)と共に務めているという。
と書かれている。稲田は、政治思想的に極右であるばかりではなく、竹中平蔵の盟友・宮内義彦とつるんだ過激な新自由主義者であり、その実践までしていたらしいのだ。思想極右にして経済極右。そのスーパーウルトラ極右ぶりは、安倍晋三をもしのぐかもしれない。

かと思うと、「稲田朋美 徴農」という「関連検索」もあるが、そういえば、一昨年8月29日、「『立ち上がれ! 日本』ネットワーク」(事務局長・伊藤哲夫日本政策研究センター所長)主催のシンポジウム「新政権に何を期待するか?」で、稲田が「ニート問題を解決するために徴農制度を実施すべきだ」と主張したことが当時話題になったものだ。同じシンポジウムで、稲田は加藤紘一の実家への放火テロ事件を笑いながら紹介して、会場が爆笑に包まれたとされる。

Wikipediaの「徴農制度」の記述がふるっているので、以下に紹介する。

徴農制度(ちょうのうせいど)は、軍事における徴兵制度と同様に農作業への従事を国民の義務として定める制度。

概説

本来は第一次産業に従事する人員数の確保を目的としているが、毛沢東主席時代の中国における下放政策(上山下郷運動)やポル・ポト政権下のカンボジア(民主カンプチア)のようにしばしば人格形成のカリキュラムとして採用されるケースが存在する。こうした傾向は極左思想だけでなく極右思想においても共通しており、日本においては農本主義と右翼が強く結びつく傾向があるが、国際的には農本主義と共産主義の方が親和性は高い。このような思想的背景により、徴農制度(下放)は左翼・右翼双方の国家主義に支持される政策となる。

なお、毛沢東政権下の下放政策やポル・ポトの例においては、適不適を無視した一律的な労働が課せられ効率的でなかったことや、強制的な労働による勤労意欲の低下、農業に慣れるまでの時間などから経済的に大きな損失を出し、いずれも徴農実施時の農業生産は大きく低下し、多数の餓死者を出す悲惨な結果に終わっている。

また、人格形成の面から言っても農村での生活が道徳的に好ましいという科学的データは存在せず、住みなれた場所から離れて集団生活を送ることによって、PTSDに陥る危険もある。

日本における議論

近年の日本では、政治家や実業家(稲田朋美東国原英夫、また水野正人・ミズノ社長など)が「ニートを徴農制で叩き直す」と言ったプランを主張する事例も見られるようになっているが、こうした制度の義務化は日本国憲法第18条(刑罰以外の奴隷的拘束及び苦役からの自由)に反するものと言う解釈が通説になっており、刑法改正によりニートという行為を犯罪と定義して徴農を刑罰として科すか、憲法改正を伴わなければ日本において徴農制が実施される可能性は極めて低いと見られている。

(Wikipedia ? "徴農制度" より)

つまり、稲田朋美や東国原英夫のような極右は、毛沢東やポル・ポトのような極左ときわめて親和性が高いということだ。そういえば、輸入食料品の値上がりから食料自給率の低下が問題になっているが、この対策として毛沢東がやったような下放政策を実施せよと極左が主張しているのを最近見たことがある。こういう極左は、ある日突然稲田朋美を熱狂的に支持し始めるのではないだろうか。

常識ある人間なら、稲田や東国原らが主張する徴農(下放)政策など歯牙にもかけないのは当然だ。日本を毛沢東の中国やポル・ポトのカンボジアのような、権力者が国民を大量虐殺する国にされてはたまったものではないからだ。しかし、このような異常な政治家を、3年前の総選挙で福井一区の有権者は選んでしまった。

もうそろそろ次の総選挙を考慮する必要が出てきたが、この稲田朋美は絶対に落選させたい議員の筆頭格だ。もちろん安倍晋三なんかも落選させたいが、残念ながらその見込みは薄い。しかし、稲田は普通にやっても選挙区では当選する可能性はきわめて低い。それは良いのだが、稲田は、極右の人たちの間で人気が高いから、比例区で復活当選する恐れがある。だから、それを許さないくらい総選挙では自民党を惨敗させなければならないと思う今日この頃である。


↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

スポンサーサイト



今日は短いエッセイです。

東京都知事選への出馬が取り沙汰される浅野史郎さんについての弊ブログの記事に、多数のコメントやトラックバックをいただき、どうもありがとうございます。管理人はコメントにはすべて目を通してはおりますが、多忙でもあり、必ずしも反応はできかねることをおことわりしておきます。

さて、現在の言論状況を考えているうちにふと思い出したのが、中国の政治家だった小平(とう・しょうへい)の言葉です。一部の日本語環境で「」の字が表示できないので、通例ネットでは「トウ小平」と表記しますので、当ブログでも以下これに従います。

トウ小平はかつてこう言いました。

『白猫でも黒猫でも、ねずみを捕るのが良い猫である』

中国の文化大革命で、トウ小平が「走資派」(=資本主義に走る者)として批判されていた頃、この言葉も槍玉に挙がっていましたが、私は当時からなかなか良い言葉だと思っていました。私が子供時代、政治に興味を持つようになった頃、まだ毛沢東は存命で、文革時代の中国の話題は、しばしば新聞の紙面を賑わせたものです。「歓喜の歌」で知られるベートーベンの第9交響曲さえも「ブルジョワ的」として批判の対象となるほどの、でたらめな毛沢東の圧政時代、「四人組」が猛威をふるい、トウ小平は追放されましたが、毛の死去後復権しました。今では、文化大革命は、内政に行き詰まった毛が、国民の不満をそらすために国内に「抵抗勢力」を作って、徹底的にこれを弾圧するとともに、国民を大虐殺した、きわめて悪質な犯罪だったというのが通説になっています。それにしても、毛沢東の発想や手口は、誰かにとてもよく似ていますね(笑)。

トウ小平は復権後、日本でも人気が高く、1978年の大平首相との会談も好意的に報じられました。当時は日中関係がもっとも友好的な時代だったと思います。しかしトウ小平は、のち1989年の「天安門事件」の際には、弾圧者としての側面も見せました。

功罪相半ばするトウ小平ですが、「白猫黒猫論」は、私はたいへん気に入っています。とにかく、ねずみを捕らないことには何も始まりません。

『トウ小平 - Wikipedia』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%82%A6%E5%B0%8F%E5%B9%B3


↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング

今日は日曜日だから、ふだん考えているところを書き連ねる記事にしようと思ったが、意外にスムーズに出てこなかった。

そこへ、「安倍晋三TBP」にTBされた「広島瀬戸内新聞ブログ版」の記事「こんな座標分析をつくってみました」が目に飛び込んできた。

このブログの記事には、最近とても教えられるところが多い。そこで、この記事をヒントに思うところを書いていきたい。

短い記事なので、全文を引用する。

横軸に階級格差の大小。縦軸に執行部独裁⇔合意形成重視を取りました。

執行部独裁&格差大=ネオコン
執行部独裁&格差小=スターリン主義
合意形成重視&格差大=リベラリズム
合意形成重視&格差小=社民主義

意外と旧来自民と言うのは合意形成重視で、階級格差も小さい。だから社民主義といえる。
小泉さんは、実は正反対の政治なのです。竹中さんも実は「文化大革命」とご自身のHPで書かれているから当然前衛党的体質がある。

そして、スターリン主義をやっていると、結局「えらい人」が特権化し、執行部独裁&格差大になってしまう。だからスターリンも毛沢東も結果としてネオコンと同じようになってしまったのです。

安倍さんは、ネオコンと社民主義の間で実は呻吟していて、訳が分からなくなり、求心力が低下しているのです。

庶民が昔、自民党を支持していたのは実は、格差が小さく、合意重視の政治を意外と自民党がやっていたから。ただ、女性や若者の声がオミットされてしまった面があった。

そこにネオコン(ネオリベ・バックラッシュ)が目をつけて、執行部独裁をやりつつ、きれいごとを叫んで、圧勝した。最初は新進党、民主党右派だったが、今は、自民党がお株を奪ってそこに居座っているのです。

「広島瀬戸内新聞ブログ版」?「こんな座標分析を作ってみました」より

「広島瀬戸内新聞ブログ版」の記事には、横軸を階級格差の大小、縦軸に執行部独裁か合意形成重視かの度合いをとってグラフ化し、ネオコン、リベラリズム、社民主義、スターリン主義および小泉前首相、竹中平蔵、高市早苗、小沢一郎、旧来自民、岡田民主党、国民新党、毛沢東、スターリンをプロットしている。このグラフまで転載してしまうと、読者がリンク先をたどってくれなくなると思うので、グラフは弊ブログには転載しない。是非リンク先をたどってグラフをご覧いただきたいと思う。

このグラフでは第1象限(階級格差大、執行部独裁)をネオコン、第2象限(階級格差小、執行部独裁)をスターリン主義、第2象限(階級格差小、合意形成重視)を社民主義、第4象限(階級格差大、合意形成重視)をリベラリズムとしている。そして、いうまでもなくコイズミはネオコン、竹中平蔵や高市早苗はコイズミ以上に過激なネオコン、スターリンや毛沢東は階級格差小を理想としていたが、彼らの作った実際の社会は決して格差は小さくなかったので実質的にはネオコンに近いとしている。

一方、旧来の自民党やその精神を引き継いでいる現在の国民新党は、実はネオコンよりは社民主義に近く、小沢一郎はかつてはネオコンに位置づけられたが、現在は社民主義寄りのスタンスに移っているとしている。

私にはとてもよく納得できる分析だ。もちろん、現実を分析するのに2次元分析では不十分で、外交・国防政策を考慮に入れた3次元分析や、さらに多次元の分析が必要なのだろうとは思う。だが、今年行われる選挙における論点を考える場合、このグラフによる分析は頭に入れておいた方が良いと思う。

安倍自民党にとっては、こういう分析は都合が悪いから、改憲か護憲かを軸にした1次元分析に話を持っていきたいのだろう。何度も書くが、そんな彼らの思惑に乗っては絶対にダメだ。

現在、民主党、社民党、国民新党の三者が互いに接近を図っている理由も、このグラフを見れば納得できると思う。彼らの政策には親和性があり、この接近は決して野合ではない。野合というのなら、自民党と公明党の方がよほど野合だろう。もっとも、もともとは第2象限にあったはずが、毛沢東やスターリン同様の心理規制から第1象限に移ってきたであろう池田大作が実質的に支配している公明党と、すっかり「共産党化」(立花隆さんらによる分析)してネオコン政党に成り下がった自民党の相性は、現在では抜群なのだろうとも思うが(笑)。

私がこの分析を修正するとするなら、縦軸を「全体主義」⇔「個の重視」でプロットしたいというところだろうか。
このところよく考えるのだが、独裁志向とポピュリズムは、実はともに全体主義といえるのではないかと思う。独裁志向が全体主義を言い換えられるのは当然だろうが、以前のエントリでも書いたように、ひたすら「分かりやすさ」を追求する「ワンフレーズ・ポリティクス」も、全体主義そのものではないかと思うのだ。

弊ブログの読者にお願いしたいのだが、決して「分かりやすさ」を求めないでほしい。「分かりやすさ」は、差異の切り捨て、異質なものの排除につながるからである。それは、全体主義への道だ。そして、ものごとをよく考えてほしい。「分かりやすさ」を求める読者は、弊ブログを訪問しないでほしいとさえ思う。

自分の頭でとことん考えること。それが、現在の閉塞状況を打破するただ一つの道だと思う今日この頃である。


↓ランキング参戦中です。クリックお願いします。
FC2ブログランキング